米国シアトルでベーコンおよびその関連商品を扱うJ&D's Foodsは11月25日、ベーコンの匂いがする男性用ブリーフと、女性用のショーツを発売した。人類の股間にベーコンのシズル感を持ち込む、新世代のアンダーウェア。


同社によれば、カナダ人の45%は、メイクラブよりもベーコンを好むという統計結果が存在するという。だが、J&D's Foodsが発売したベーコンアンダーウェアを着用すれば、この統計は無意味となる。朝食のベーコンとメイクラブの間にある境界線は曖昧になり、食欲と性欲を同時に満たすことが可能となるからだ。

J&D's Foodsはアンダーウェアの開発にあたり、インクにベーコンの匂いを埋め込む特殊技術を採用。これにより、ベーコンの匂いは最大で6か月持続可能になったという。

なお、ベーコンアンダーウェアは、匂いに敏感な動物を刺激する可能性があるので注意が必要。するどい歯を持つ大型犬を飼っている家庭では、ベーコンアンダーウェアを着用した状態でうたたねなどしないよう、J&D's Foodsは警告している。また、郵便配達担当者、動物園の飼育員、獣医などの着用もおススメできないそうだ。その他、クマ出没注意の場所への立ち入りも避けるべきとしている。

価格は男性用・女性用ともに19.99ドル。日本への送料が1着あたり10.95ドル必要となる。出荷は12月10日頃を予定。いますぐ申し込めば、恋人へのクリスマスプレゼントに間に合うかもしれない。股間部分にはおいしそうなベーコンの絵と「じっくり嗅いで」のメッセージが入り、様々な欲望をかきたててくれるような……そうでもないようなデザインとなっている。