新しい三省堂書店が楽しそう
新しい三省堂書店が楽しそう

約1,000坪の敷地で展開する三省堂書店の大型店舗「三省堂書店 池袋本店」が、12月6日、西武池袋本店(東京・池袋)にグランドオープンする。約80万冊の書籍のほか、雑貨約3万点も取り扱う。

同店のコンセプトは「To the Higher Stage ~今より少し違う景色が見える書店~」。大型書店ならではの豊穣な本の空間と、雑貨・カフェゾーンなどの新しい要素を融合した書店を目指すそうだ。

全フロアにはリコメンドコーナー「tanakanata(棚彼方)」を設置。定期的に変更されるテーマに合わせて300~500冊のオススメ本が展開される。

カクカクとした不思議な形の本棚「tanakanata」(画像は書籍館3階)
カクカクとした不思議な形の本棚「tanakanata」(画像は書籍館3階)

また、おもちゃで遊べる児童書売場「totoa(トトア)」や雑貨ショップ「神保町いちのいち」をはじめ、各フロアで書籍とともに多彩な雑貨も提案していく。

子どもが飽きない空間を目指した児童書売場「totoa」
子どもが飽きない空間を目指した児童書売場「totoa」

こだわり雑貨が揃う「神保町いちのいち」  (出典:三省堂書店公式サイト)
こだわり雑貨が揃う「神保町いちのいち」
(出典:三省堂書店公式サイト)

化石や鉱物などが並ぶ「Naturalis Historia~ナチュラルヒストリエ」(書籍館4階)  (出典:三省堂書店公式サイト)
化石や鉱物などが並ぶ「Naturalis Historia~ナチュラルヒストリエ」(書籍館4階)
(出典:三省堂書店公式サイト)

このほか本や雑貨に囲まれてコーヒーを楽しめるカフェ「神保町いちのいちノおふくわけ」、作家を招いたトークショーやワークショップを行うイベントスペースも設ける。

店舗所在地は東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 別館地下1階・書籍館地下1階~4階。営業時間は10時~22時。