手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
/ ブーン \

料理をする上で避けられないみじん切り。筆者は玉ねぎ半分くらいで「面倒だな」と感じてしまいます。でもわざわざフードプロセッサーを出してくるほどでもない…そんな時に便利なグッズを発見しました。

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
今回ご紹介する「ぶんぶんチョッパー」

「ぶんぶんチョッパー」は手動式のフードプロセッサー。少量のみじん切りであればわずか10秒たらずでできてしまうというキッチングッズです。一体どんな仕組みなのでしょうか。

とにかくコンパクト


一般的なフードプロセッサーはそれなりに場所をとる上、電源も必要。大量に仕込みたい時は便利ですが、普段はしまいっぱなしという人も多いかと思います。その点ぶんぶんチョッパーの直径は12cmほどでiPhone 6と変わらないサイズ。出しっぱなしにしても気になりません。

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
スマホと変わらないサイズ

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
底には滑り止め付き

仕組みはシンプル


刃が回りやすくなるよう、みじん切りにする食材は小さめにカットしておきます。容器の半分以下に収まるよう入れたら、フタを閉めて準備完了。

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
玉ねぎの場合は一度に半分くらい入ります

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
フタを回してロック

片手で本体を押さえ、もう一方の手で上部の持ち手を持って引っ張ります。そう、ぶんぶんチョッパーは、紐を引いてカッターを回すという何とも原始的な仕組みなんです!

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
取っ手を掴んで

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
ギューンと引っ張ります

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
繰り返します
シュルルルル…

玉ねぎの場合、開始からものの10秒ほどで丁度良い大きさに。初めは少しひっかかりますが、少しずつ引くうちに勢いが付いてどんどん細かくなっていきます。何だかチェーンソーのようで引くのが快感になり、つい何度もやってしまいますが、あまりやると細かくなり過ぎるので注意しましょう。

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
チェーンソー使ったことないけど
(画像は8回ほど引いた状態)

硬さの異なる野菜もOK


玉ねぎはもちろん、硬いニンジンやまな板から散乱しがちなキャベツも、あっという間に下準備が終わりました。玉ねぎのみじん切りで涙が出やすい人や、手に野菜のニオイがつくのを避けたい人にも良いですね。

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
均一にカットするコツは、途中で上下に振ること

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
柔らかいキャベツもこの通り
(ただし、一度にできる量は少ないです)

また、2種類の野菜を同時に入れてもほぼ均一にカットでき、少量のサラダ作りにも便利でした。

手動式フードプロセッサー「ぶんぶんチョッパー」
コールスローもあっという間!

なお最初は珍しいのでぶんぶんやりますが、大人なのでやっぱりそのうちルーティンワークになってきます…。そうしたらお子さんや旦那さんに託すのも良いかもしれません(刃の取り出しなどは大人が行なってください)。毎日の料理がちょっぴりストレス解消にもなる(?)ぶんぶんチョッパーの価格は1,598円(税込)。「アンジェ web shop」などで購入できます。