餃子の皮でタコス

餃子の皮で、近頃人気のメキシコ料理「タコス」が作れる!?意外なレシピをモランボンのサイトで見つけたので、試してみました。

材料は、餃子の皮(大判)、ひき肉、タコライス(タコス)用のソース、レタス、トマト、シュレッドチーズ。以下、大まかな手順をご紹介します(詳細はモランボンのレシピページ「餃子の皮でタコス」をご参照ください)。

餃子の皮でタコス
材料を集めて、いざスタート!

1. ひき肉は炒めてソースで味付け。レタスやトマトは細かく刻みます。

餃子の皮でタコス
ひき肉が美味しそうな“タコミート”に

2. 餃子の皮を2つ折りにして、フライパンで片面ずつ焼きます。

餃子の皮でタコス
皮の間にアルミホイルを挟み込み、
適度に空間を作るのがポイント

餃子の皮でタコス
いっぱいできました

3. 「2」の餃子の皮にレタス、ひき肉、トマト、チーズをのせればできあがり。

餃子の皮でタコス
皮が小さめなので具がこぼれないよう注意

なるほど、見た目は確かにタコスそっくりになりました!そしてお味はというと...。トルティーヤを使ったタコスとはやはり違いますが、これはこれでアリ。パリッと焼けた餃子の皮が、スパイスの効いたひき肉やシャキシャキの生野菜とマッチし、さっぱりとした味わいを楽しめます。小ぶりなのでホームパーティーのおつまみにしてもよさそう。

ちなみに餃子の皮の代わりに白米を用意すれば、沖縄料理の「タコライス」を作れます。こちらも手軽で美味しいのでお試しあれ!

タコライスの画像
こちらも美味しい~