「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」発売 -- テント付きの本格的レゴ

テント付きのポップトップルーフを装備した「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」がレゴジャパンから登場。8月1日より販売されます。

レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー

「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」発売 -- テント付きの本格的レゴ

2011年に前身の「フォルクスワーゲン T1 キャンピングカー」を再現したセットである「レゴ クリエイター エキスパート フォルクスワーゲン T1 キャンパーヴァン」を発売したレゴ グループ。今回発売される「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」はその後継モデルです。

新しいセットはこれまでよりも大きく、新しいペイントカラー、スライドドア、トレードマークであるタイプ2のラップアラウンドベイウィンドウ、フロントウィンドシールド(フロントガラス)、テント付きのポップアップルーフ、そして一目でわかる新しい「顔」が特徴。ボンネットの中ではステアリングが動くようになっているほか、室内にはオープンキャビネット、冷蔵庫、シンク、ティーポット付きのガスコンロなど、キャンピングカーでの旅行に必要なものがそろっています。折りたたみ式の椅子や、多くのサーファーに愛されたことを象徴したサーフボードも付属しています。

「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」発売 -- テント付きの本格的レゴ

自分の興味に合わせてカスタマイズすることも可能。レトロなデカールを含むステッカーセットや、フォルクスワーゲンの本社があるドイツ、またはアメリカ文化の象徴と言われるほど輸出されたアメリカのナンバープレートを選択することができます。

「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」のモデルとなった「フォルクスワーゲン タイプ2バス キャンピングカー」は、1960年代後半から1970年代に活躍し、日本でも「ワーゲンバス」という愛称で呼ばれるなど、多くの人に愛され続けたクルマ。現在は販売終了していながらも高い人気を誇っています。

■ 「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」概要
製品番号:10279
対象年齢:18歳以上
サイズ:高さ約15cm、幅約14cm、長さ約35cm
希望小売価格:オープン価格
ピース数:2,207個
発売日:2021年8月1日(日)
販売店舗:レゴ公式オンラインストア、全国のレゴストア及びレゴ認定販売店ベネリック レゴストア 楽天市場店
レゴランド・ジャパン・リゾートレゴランド・ディスカバリー・センター東京、レゴランド・ディスカバリー・センター大阪