「Katris(カトリス)」はモジュラータイプのネコの爪とぎ。テトリスのブロック型をしており、部屋の形やネコの好みに合わせたカスタマイズが可能になっている。

顔が抜けないニャ
顔が抜けないニャ

「Katris」を開発したのは米国サンフランシスコのPapercut Lab。同社では以前からダンボールむき出し感のあるバージョンの「Katris」を販売していた。このバージョンでは、5つの異なる形状のブロックを組み合わせることで、ネコが“ここでツメをとぎたい!”と思える形状を探ることができる。しばらくしてネコが飽きてしまったら、簡単にその形状を変更可能だ。

地味だにゃ
地味だにゃ

だがこの「Katris」ではネコは満足するものの、飼い主の中にはそのルックスに満足できない人もいた。このため、今回のニューバージョンの開発に至ったという。

他猫に自慢できるカラ―リングにゃ
他猫に自慢できるカラ―リングにゃ

ニューヴァージョンの「Katris」は、その表面に美しいカラーリングが施されており、本棚やコーヒーテーブル、ベッドサイドテーブルなどとして利用できる。これにより、ネコだけでなく、飼い主をも満足させる製品となった。

ウサギが目ざわりだニャ
ウサギが目ざわりだニャ

いつものごはんだニャ
いつものごはんだニャ

「Katris(カトリス)」は200枚以上の再生紙を貼り合わせて作られており、ネコが爪とぎに耐える厚さと、家具として利用できる信頼性を獲得している。爪とぎは製品によっては数週間から数か月しかもたないが、「Katris(カトリス)」は一年以上の爪とぎに耐えるそうだ。

ダンボール、好きだにゃ
ダンボール、好きだにゃ

「Katris(カトリス)」ブロックの耐荷重は約136キロ。ネコが数匹乗っても問題無いだけでなく、家具としてある程度重いものを載せることも可能だ。

人も乗れるニャ
人も乗れるニャ

サイズは、I型が長さ81.3x幅20.3x高さ20.3センチ。T型、L型、Z型はいずれも長さ61.0x幅20.3x高さ40.6センチ。O型ブロックは長さ61.0センチx幅20.3センチx高さ40.6センチ。これらブロックの他、ブロック同士をつなぐストッパーが付属する。


ストッパーでがっちりニャ
ストッパーでがっちりニャ

このネコにも飼い主にも魅力的な「Katris」は米国Amazon.comなどで販売される予定。残念だが当面は米国国内のみの販売で、日本には送付してくれないということだ。

指をくわえて待ってるニャ
指をくわえて待ってるニャ