日本全国の“島ねこ”を集めた写真集『島ねこぽん』が9月28日に販売開始される。著者は『猫だって鼻提灯くらいできるもん。』で知られる写真家・あおいとりさん。島ごとに個性の違う猫たちと、海に囲まれ自然豊かな風景を集めた、旅行気分も楽しめるネコ写真集となっている。

“島ねこ”を集めた写真集『島ねこぽん』販売開始
“島ねこ”を集めた写真集『島ねこぽん』販売開始

あおいとりさんとは、自称サラリーマンネコ写真家。初の写真集『猫だって鼻ちょうちんくらいできるもん。』は、猫本専門 神保町にゃんこ堂の「ニャンダフルな猫の本 100選」にも選ばれるほどの人気を獲得している。

あおいとりさんの代表作「鼻提灯猫」
あおいとりさんの代表作「鼻提灯猫」

今回発売される写真集『島ねこぽん』の舞台となっているのは、男木島や佐柳島など日本各地の島。そこで暮らすネコたちの生活が写真に収められている。都市部とは違う環境の中で生きる猫、恋するラブ猫、ジャンプ猫など、「島ねこ」らしさが溢れる写真が並ぶ。

都市部とは違う環境の中で眠る猫
都市部とは違う環境の中で眠る猫

お母さんネコをにょしにょしするラブリーな子ネコ
お母さんネコをにょしにょしするラブリーな子ネコ

ジャンプネコ
ジャンプネコ

著者であるあおいとりさんが「島ねこ」をテーマに決めたのは、竹富島で見た「青」の美しさがきっかけだった。海と空が作りだす“竹富ブルー”に、真っ白な砂浜。これをきっかけにあおいとりさんは時間を作っては島を巡り、1年余りかけて島ねこの写真を撮りためた。写真に収められた島ならではの美しい自然は、『島ねこぽん』のもう一つの魅力となっている。

青い空と白い砂浜も、この写真集の魅力
青い空と白い砂浜も、この写真集の魅力

島ならではの美しい自然
島ならではの美しい自然

…と、ネコ!
…と、ネコ!

『島ねこぽん』の価格は1,200円(消費税抜き)。

ぽんっ!
ぽんっ!

なお『島ねこぽん』の発売を記念し、9月26日から10月9日まで「猫本専門 神保町にゃんこ堂」で先行販売と記念イベントが実施される。イベントでは、収録作品の展示や限定グッズ販売のほか、新刊『島ねこぽん』または前作『猫だって鼻提灯くらいできるもん。』のいずれかを購入した人に、鼻提灯猫のオリジナルポストカードがプレゼントされる。

神保町って、どこにあるのかニャ?
神保町って、どこにあるのかニャ?