「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
ビールより合う?すてきな組み合わせ

らせん状の「リボンフライ」ポテトと自家製ジンジャーエールが楽しめる「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店が7月1日にオープン。ロッテリアのバケツポテトをペロリとたいらげるポテト好きの筆者もさっそく訪れてみました。

場所は原宿駅から竹下通りを抜けてすぐ。明治通り沿いに突如キオスクのような小さなお店が現れます。

「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
ブルックリンを思わせるオシャレな外観

メニューはポテトとドリンクのみ。筆者は初めてだったので、スタンダードな「ソルト&ペッパー」(600円)と「ジンジャーエール」(450円)をオーダーしました。なお同店限定メニューとして、チョコレートでコーティングしたポテトやかき氷も用意されています。

「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
メニューは北海道産メークインを使用したポテトとジンジャーエールが中心
(画像はイメージ)

「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
原宿店限定「チョコレートリボンフライ」
(冷やして提供)

「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
原宿店限定「Shaved Ice」
暑い日にどうぞ!

メニューはテイクアウトのみで、オーダーが入ってから丁寧にポテトを味付けしてくれます。食べ歩きしやすいバケツ型のパッケージ入り。

「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
持ち運びやすいパッケージ

帰るまで待ちきれなかったので道端でちょっとだけつまみ食い(原宿ってもう少し休憩できる場所が増えると良いですよね)。

「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
くるんくるんしてる

らせん状に丸まったポテトは食べ応えがあり、サクッとした食感としなっとした食感の2種類が楽しめます(贅沢!)。中には30cmほどの長さのものもあり、むしゃむしゃほおばるととてつもなく幸せな気分になれます。塩加減も絶妙。

ジンジャーエールはピリッとした刺激の後からシナモンなどのスパイスが香る、かつて飲んだことのないパンチの効いた味わい。ポテトの油をさっぱりと流してくれます。ビールも販売されていますがこっちのほうが合うかも!

「Brooklyn Ribbon Fries」原宿店
かつてない深い味わいのジンジャーエール

人々が気軽に立ち寄れる“街の便利なポテト屋さん”を目指しているという同店。なお表参道にも店舗があるので、原宿エリアの街歩きにいかがでしょうか?

店舗所在地は東京都渋谷区神宮前3-23-2。営業時間は11時~19時です。※表記価格はすべて税別