サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
保温調理ならではのおいしさも

野菜と水分がしっかり摂れる味噌汁やスープは、これからの季節毎日でも作りたいメニュー。でもアクを取ったり、火加減を気にしたりとなかなか目が離せず、メイン料理と並行して作っていると煮詰めすぎてしまうことも。

そんなスープ料理を、“火を使わず”に作れる調理器具がサーモスから登場。9月1日の発売前にひと足早く試してみました。

テーブルでスープが作れる

「サーモス 真空断熱テーブルスープジャー」は、ステンレス製魔法びん構造の保温力を活かしてスープなどの“保温調理”ができるポット。容量は約800ml、一度に4人分くらいのスープが作れます。

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
「サーモス 真空断熱テーブルスープジャー」
果物みたいなフタがかわいい

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
口が広く洗いやすい、シンプルな構造

基本的な使い方は、中に具材、調味料、沸騰したお湯を入れ、フタをして待つだけ。お湯を電気ケトルで沸かせば全くコンロを使わないので、コンロが少ないキッチンでも便利です。

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
今回はサーモスWebサイト内のレシピを参考に作ってみました
ジャガイモは予めレンジで加熱

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
具材と鶏ガラスープ、みそ、バターをジャーへ

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
熱湯を注いで…

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
20分以上放置!

ポイントは、火の通りにくい食材を予め電子レンジなどで下処理しておくこと。かき混ぜなくていいので具材が煮崩れせず、見た目もキレイに仕上がります。じっくり加熱することで具材から旨みが引き出され、いつもより素材の味がしっかりと楽しめる印象。

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
食事のしたくができた頃、ほっかほかのスープが完成

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
「ごろごろじゃがいものおなかいっぱいスープ」
ほくほくじゃがいもとコク旨スープが絶品!

合わせだし作りやだしパックを使った味噌汁なら約10分。ちょっと凝ったスープも20分放置しておけばできてしまうので、食事の準備との調整がしやすいのもポイント。

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
鶏ひき肉を丸めただんごと大根、干ししいたけをレンジでチン

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
干しエビ、ナンプラーを加えてお湯を注げば…

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
ちょっと凝ったスープもあっという間に
「大根と簡単鶏だんごのエスニックスープ」

フタをすれば食事中も容器内のスープがさめず、おかわりも進みます。帰宅時間が異なる家族に温め直さず出せるのも良いですね(保温は2時間まで)。夏場はデザートの保冷やドリンククーラーとしても使えそうです。

テーブルスープジャーのメーカー希望小売価格は6,000円(税別)。1つあると非常に便利なアイテムです!

サーモス 真空断熱テーブルスープジャー
この冬はスープ上手になれそう!