遺伝子検査の結果を元に作るはんこ「HANCODE」
もうひとつの自分

ハンコヤドットコムから、遺伝子検査の結果をもとに生成するはんこ「HANCODE(ハンコード)」が発表された。本日(10月25日)より製品公式サイトで第1次販売分の注文を受け付けている。

ハンコードの印面は、ジェネシスヘルスケアの遺伝子検査キット「GeneLife Myself2.0」の結果(※)を、独自開発した印面生成システムに適用することで決定される。所有者の気質や性格に合わせて2,430万通りのデザインが用意されており、さらに名前を追加することでオリジナルのはんこが完成するそう。

遺伝子検査の結果を元に作るはんこ「HANCODE」
「社会性」「慎重性、繊細性」などの5つの要素を分析し数値化

遺伝子検査の結果を元に作るはんこ「HANCODE」
数値によってその図形を変化・合成する

遺伝子検査の結果を元に作るはんこ「HANCODE」
名前を重ねて完成

印材には耐久性にすぐれたチタンを採用。高いチタン加工技術を持つヤマウチマテックスの協力のもと、DNAをイメージした二重らせん構造に仕上げられる。

遺伝子検査の結果を元に作るはんこ「HANCODE」
加工はメガネの金属材料を製造する福井県のメーカーが担当

サイズは直径18×60mm、重さは約19g。価格は遺伝子検査費用も含めて6万9,800円(税別)。第1次販売では200個を予定しており、達しない場合は製品化中止の可能性あり。

※検査結果は実施者のみに開示され、必要なデータは検査実施者から同社に提供する形式