びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
ガラスびんはお好き?

ジュースやお酒、ジャム、薬など常に私たちの身近にあるガラスびん。ぽってりした厚みやキラキラ光るカッティング、海のような青などそれぞれの個性に魅力を感じて、捨てられずとっておいたり、びん欲しさに商品を買ったりしてしまいます。

ラムネのガラスびん
何とも言えない魅力があります

筆者と同じく、ガラスびんが好きで好きでしょうがない人に朗報。ガラスびんの魅力を体感できる期間限定カフェ「びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe」が東京・表参道にオープンしました。

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
「びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe」

“びんむすめ”って?

びんむすめとは、日本各地でガラスびんと触れ合いながら働く地元の“看板娘”。ガラス容器メーカーによって構成される日本ガラスびん協会が、広報活動として全国で発掘しているのだとか。

今回のカフェは、びんむすめプロジェクトの5周年を記念したイベント。店内には5年間で撮影されたガラスびんやびんむすめの写真がギャラリー風に展示されており、テーブルでは「びんむすめ写真集」も閲覧できます。

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
化粧品や食品などを販売するびんむすめの皆さん
びんのように透明感のある笑顔

どんなメニューがあるの?

期間中は、通常のカフェメニューに加え60種類以上のガラスびん入りメニューを提供。近年人気のジャーサラダやジャーケーキなど見た目にも楽しいラインナップとなっています。

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
hanami ジャーサラダ(700円)

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
ジャーの中で振ってからお皿に出すと食べやすい

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
フォトジェニックなジャースイーツも(750円~)

また、ガラスびんに入ったビール、ワイン、日本酒、ソフトドリンクなどの国産ドリンクメニューも豊富に用意。一部アルコールはガラスびんからグラスへサーブしてくれる演出も楽しめるとか。

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
ダイヤモンドレモンもある!

各種イベントも実施

このほか、11月20日と12月3日には店頭でガラスびんやびんむすめ商品を販売する「ガラスびんマルシェ」が、12月7日には日本ワイナリー協会との共同開催イベント「日本ワインの夕べ」(参加無料、要予約)が予定されています。

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
びん関連のイベントも開催

なお毎週土日、祭日に来店した人にはガラスびん入り飲料がプレゼントされるそう。びんが一層美しく見える明るい店内で、じっくりとびんの魅力を感じてみてはいかがでしょうか?

びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe
天気の良い日はぜひ窓際に!

【びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe】
営業期間:11月16日~12月15日
営業時間:月~金曜12時~22時、土曜11時~22時、日曜11時~18時30分(火曜定休、L.O.は30分前)
店舗所在地:東京都渋谷区神宮前5-3-8 hanami表参道