100均デンタルフロス比較

歯ブラシの届かない歯間の清掃に適した「デンタルフロス」。ものが詰まったときもスピーディーに対処できます。

このデンタルフロス、実は100均にも売っています。ダイソーではオリジナル商品、キャンドゥではセイワ・プロ社のものが見つかりました。

100均デンタルフロス
左:ダイソー 右:キャンドゥ

定番ガムのデンタルフロスがドラッグストアで400~500円くらいなので、100円と聞くと安い印象を受けます。しかしその実どうなのでしょうか?それぞれの特徴や使い心地を検証してみました。

100均&ガムデンタルフロス比較

100均デンタルフロス比較

長さは?

長さはダイソー(50m)>ガム(40m)>キャンドゥ(32m)。1mあたりの価格はダイソー2円、キャンドゥ3円、ガム10円(400円とした場合)程度となります。

いずれにせよ、手のひらに乗る小さなケースにそれだけの長さが巻かれていると思うとちょっと驚きですね。

100均デンタルフロス比較

特徴は?

フロスの見た目や触り心地は、キャンドゥ:太め&ふわふわ、ダイソー:細め&固め。ガムはその間くらいでバランスが良い印象。

100均デンタルフロス比較
キャンドゥ

100均デンタルフロス比較
ダイソー

100均デンタルフロス比較
ガム

またガムのみワックス付き。狭い歯間でもなめらかに動かすことが可能です。

使った感想

正直ガムの使い心地が一番ですが、あとふたつも価格のわりに健闘していると思います。

キャンドゥは口内の水分を吸って膨らむので、しっかり汚れを絡め取ってくれる印象。半面、ほつれた繊維が歯に挟まりがち。この現象はガムでも起きるのですが、その頻度が高く感じました。慎重に動かす必要あり。

100均デンタルフロス比較

いっぽうダイソーは細い上にあまり膨らまず、しっかり清掃するには時間がかかる印象。代わりに繊維のほつれはほぼ発生しません。

キャンドゥに比べ強度があるのもポイント。途中で取り換えずに1回の清掃が終えられます(ダイソーは片顎でダメになる場合があります)。

100均デンタルフロス比較

ガムは両者の良いとこどりといった印象。ほどほどに膨らみ、清掃力があり、丈夫。また使い比べるとワックスによるなめらかさの恩恵も感じます。キシキシ感がない。

100均デンタルフロス比較

まとめ

以上から、それぞれどんな人におすすめかをまとめました。

キャンドゥ:歯間が広め、清掃力重視

ダイソー:歯間が狭め、サッと詰まりを解消したい、より低価格に抑えたい

どちらも壊滅的にダメという訳ではないので、コストを抑えたいなら試す価値はあると思います。ご参考にどうぞ。