2015年には前年比で1.5倍の経済規模に達するとも言われる“ハロウィン”。1年かけて貯めたお金を、ハロウィンのコスチュームにつぎ込むという人もいるのだとか。そんな競争の激しいハロウィンコスチューム界で目立つのにぴったりなのかもしれないのが、ホンダのASIMOになりきれるコスチュームスーツスーツ「ASIMO Robot Costume Suit」だ。

ホンダのASIMOになりきれるコスチュームスーツ  「ASIMO Robot Costume Suit」
ホンダのASIMOになりきれるコスチュームスーツ
「ASIMO Robot Costume Suit」

ASIMOとは、ホンダが開発した世界初の本格的な二足歩行ロボット。初期段階では自ら姿勢を保てる「自動機械」と呼ばれていたが、現在は周囲の人の動きなどの情報を複数のセンサーで収集し、集めた情報から人の操作のなしに自ら次の行動を判断する「自律機械」のレベルにまで進化している。身長は130cm、重量48kg で、最大速度は時速9km。

本物のホンダASIMO  クールだ  (画像は本田技研工業のWebサイトから)
本物のホンダASIMO
クールだ
(画像は本田技研工業のWebサイトから)

ASIMO Robot Costume Suitは、ASIMOファンのために製作されたコスチュームスーツ。着用して人前に現われると、思った以上に注目を集めることができる。ASIMOのようなダンスを踊れば喝采を浴びること間違いなしだが、ただ歩いているだけでも十分喜んでもらえるだろう。

傘をさして歩くだけでも、かなり面白い
傘をさして歩くだけでも、かなり面白い

Japan Trend Shopでは、スーツを着用してピザを宅配するデモビデオを公開している。このビデオを見る限り、階段の上り下りを得意とする本物のホンダASIMOとは異なり、ASIMO Robot Costume Suitの着用者は1人では階段を下りれないようだ。恐らく、足元は全く見えていないのだろう。残念ながらスーツの性能は、人の操作のなしに行動する「自律機械」のレベルには達していないようだ。

本物のASIMOよりも、ぎこちなくなれるぞ!
本物のASIMOよりも、ぎこちなくなれるぞ!

対応身長は180センチまで。最大速度は中の人の頑張り次第だが、視野が狭いのであまり速く走ると危険だろう。おそらく、本物のASIMOほどのスピードは出せないと思われる。また、1人ではスーツを脱げないので、ハロウィンパーティーでは手助けしてくれる人と一緒に行動しなければならない。もし手伝ってくれる人がどこかに行ってしまった場合、しばらくはASIMOのままで過ごすことになるので注意が必要だ。

新聞でも読んで、応援を待とう!
新聞でも読んで、応援を待とう!

ASIMO Robot Costume SuitはJapan Trend Shopで販売中。価格は503ドル。送料が別途必要となる。