デンマークinfinityPVは、世界最小の太陽電池式スマートフォン充電器「HeLi-on」を開発した。実用レベルに達した数少ないソーラーチャージャーだとしている。


電源が取れない場所でスマートフォンやタブレットを充電できる太陽電池式の充電器は以前から販売されている。だが太陽電池の発電量不足のため、5~6時間かけてバッテリーを50%程度しか充電できないものが多い。中には満充電までに20時間程度必要なものさえある。これでは日が暮れて、発電できなくなってしまう。

「HeLi-on」では、本体内に巻き込んで持ち歩けるフィルム状の太陽電池を採用。本体サイズは小型ながら、大きな面積を持つ太陽電池での発電を可能にした。


「HeLi-on」を使ったスマートフォンの充電に必要な時間は、晴れた日であれば2~3時間。これは十分に実用に足る性能と言えるだろう。

スマートフォンを2~3時間で充電可能
スマートフォンを2~3時間で充電可能

「HeLi-on」にはバッテリーが内蔵されており、屋外で内蔵バッテリーを充電しておき、室内でスマートフォンに電力を供給することも可能だ。

太陽電池を使って内蔵バッテリーに充電しておけば、  曇った屋外や室内でスマートフォンに充電可能に
太陽電池を使って内蔵バッテリーに充電しておけば、
曇った屋外や室内でスマートフォンに充電可能に

サイズは11.3x3.6x2.8センチで、重さは105グラム。ポケットに入れて持ちあるけるサイズだ。これさえあれば、もうスマートフォンのバッテリー切れを心配することはなくなるかもしれない。

ポケットに入れて持ちあるけるサイズ
ポケットに入れて持ちあるけるサイズ

スマートフォンのバッテリーが切れたら  「HeLi-on」を取り出して接続  すぐに使えるようになる
スマートフォンのバッテリーが切れたら
「HeLi-on」を取り出して接続
すぐに使えるようになる

スマートフォンの他、カメラやポータブルスピーカーなど、様々なUSB充電デバイスに対応している。

USB充電デバイスに対応(画像はカメラへの充電例)
USB充電デバイスに対応(画像はカメラへの充電例)

infinityPVは現在「HeLi-on」の市販化に向けてkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施している。記事執筆時点では、625デンマーククローネ(約1万100円)の出資でホワイトカラー版の「HeLi-on」を1台入手可能だ。入手に必要な金額は、キャンペーンが進むにつれて上昇する。出荷は2016年7月頃に予定されており、日本への配送料は無料。