東京都現代美術館(東京都江東区)で、2016年3月5日~5月29日の期間、「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が開催される。主催は公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、読売新聞社、TBS。

世界初のフルCGアニメーション映画「トイ・ストーリー」をはじめ数々の人気作品を世界に送り出してきたピクサー・アニメーション・スタジオ。1986年、アメリカでジョン・ラセター氏、エド・キャットムル氏、スティーブ・ジョブズ氏らによって設立され、2016年は30周年の記念の年にあたるそう。

同展覧会ではピクサーに在籍するアーティストやデザイナーたちの創作活動に注目し、ドローイング、カラースクリプト、マケット(キャラクター模型)など多種多様なアートワークの数々を紹介。映画制作の源となったアートワーク約500点や、この世界巡回展のために特別に開発されたインスタレーションなどが見どころとのこと。

来春日本公開予定の最新作「アーロと少年」のアートワークも
来春日本公開予定の最新作「アーロと少年」のアートワークも

ピクサーアニメーションの真髄「ストーリー」「キャラクター」「世界観」を様々な技法で表現
ピクサーアニメーションの真髄「ストーリー」「キャラクター」「世界観」を様々な技法で表現

高速回転で動いているように見せる「ゾートロープ」
高速回転で動いているように見せる「ゾートロープ」

東京都現代美術館の所在地は東京都江東区三好4-1-1。開館時間は10時~18時(入場は閉館30分前まで)。観覧料、休館日等は公式サイトを確認のこと。