ネコ型目玉焼きが作れる焼き型「エッグ モールド キャット」

以前紹介したネコ型の目玉焼きを作れる焼き型「Cat Egg Molds」。米国から通販で購入する必要があり、慣れていない人はちょっとハードルが高めの商品でした。

ネコ型の目玉焼きを作れる焼き型「Cat Egg Molds」
ネコ型の目玉焼きを作れる焼き型「Cat Egg Molds」
かわいいニャ

その「Cat Egg Molds」が、「エッグ モールド キャット」と名前をかえて日本のクラウドファンディングサイトKibidangoに登場。資金調達に成功すれば、日本でも手軽に買えるようになるかもしれません。

ネコ型目玉焼きが作れる焼き型「エッグ モールド キャット」が日本のクラウドファンディングサイトに登場
こんな目玉焼きができますニャ

「エッグ モールド キャット」でに目玉焼きを焼くには、まず卵を黄身と白身に分けます。次にフライパン上に「Cat Egg Molds」をセットし、型全体に白身を、目の部分に黄身を流し込みましょう。あとは普通の目玉焼きと同じように調理すれば、にゃんこ顔の目玉焼きができます。

「エッグ モールド キャット」で目玉焼きを焼く手順1
先に白身を流し込むニャ

 「エッグ モールド キャット」で目玉焼きを焼くに手順その2
次に、目に黄身を入れるニャ

実際に焼いてみると、難易度は結構高め。でも失敗を繰り返しながらも何度か焼けば、コツをつかみ、かわいいにゃんこ顔を焼けるようになります。

「エッグ モールド キャット」での調理例:アメリカンブレクファスト
ざっとこんなもんだニャ

さて、昨年「Cat Egg Molds」を紹介したとき、「かわいいけど、1日に食べる玉子は1個と決めているの」という意見が(それなりに)たくさん届きました。コレステロールを気にする女性にとって、にゃんこのかわいさに負けて1日に2個の玉子を食べてしまいそうな「Cat Egg Molds」は、手を出しにくい商品だったようです。

そんな女性たちの想いを知ってか知らずか、Kibidangoは「エッグ モールド キャット」を使った、様々な料理のバリエーションを紹介してくれています。

そのひとつがパンケーキ。型に生地を流し込めば、「にゃんこパンケーキ」のできあがりです。朝食にこれを食べて仕事に行けば、朝からにゃにゃにゃにゃ~ですね。

「エッグ モールド キャット」での調理例:パンケーキ
にゃにゃにゃにゃ~だにゃ!

また、ネコ型のお好み焼き「ねこのみ焼き」もできるのだとか。こちらもなかなかに、にゃんにゃんにゃ~です。

「エッグ モールド キャット」での調理例:お好み焼き
にゃんにゃんにゃ~♪

開発元のEgg Addictionは「エッグ モールド キャット」の日本での販売に向け、クラウドファンディングサイトKibidangoで出資者を募集中。資金調達に成功した場合は、食品衛生法の認可を受けて日本での販売に踏み切るそうです。

日本でクラウドファンディングに挑戦している「エッグ モールド キャット」
踏み切るニャ

入手に必要な出資額は、50個限定の「早割! エッグ モールド キャット(大)ピンク」が1,800円、「エッグ モールド キャット(大)ピンク+(小)グリーン」のセットが3,200円などとなっています。発送は2016年6月末~7月頃に予定されています。

「エッグ モールド キャット」セット例
梅雨が終わるころだニャ