マークイズみなとみらいで「キモい展」
これも一種の肝試し?

世の中の気持ち悪い生き物を集めた展覧会「キモい展」が、7月16日~8月31日の期間、「マークイズみなとみらい」(神奈川・横浜)で開催される。

同イベントでは山口県周南市にある「周南市徳山動物園」制作協力のもと、「何でそんな色なの?何でそんな形なの?何でそんな動きをするの?」と疑問しか浮かばない形態の生き物を約30種類展示。一例として、褐色の斑模様をまとった「ボールニシキヘビ」や世界3大奇虫の1つ「ウデムシ」、クモの王様「メキシカンレッドニータランチュラ」などが見られるそう。

このほかにグッズ販売や生物とのふれあいゾーン(毎週月・水15時から)も予定。子どもの自由研究にはもちろん、デートで行く場合は事前によく確認してから誘うようにしよう(ヘタしたら嫌われちゃうぞ!)。

マークイズみなとみらいで「キモイ展」
“キモい”記念にグッズもいかが?

イベント開催場所は神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 マークイズみなとみらい5階特設会場。開催時間は10時~20時(入場は閉場30分前まで)。入場料は当日800円(前売700円)。