『スター・ウォーズ』ドローン
(C)&TM Lucasfilm Ltd.
(画像はPropelのFacebookから)

なるほど、ドローンはこのために生まれてきたのか!と思える商品「STAR WARS BATTLE QUADS」が今秋~冬、Propelから販売開始される。現在は同社Webサイトで予約を受け付け中。

『スター・ウォーズ』ドローン「STAR WARS BATTLE QUADS」
(C)&TM Lucasfilm Ltd.
(画像はPropelのWebサイトから)

『スター・ウォーズ』関連キャラクターのフィギュアはこれまで数限りなく販売されてきた。だがそれらの多くは飾って楽しむもの。例えばミレニアム・ファルコンの空飛ぶフィギュアはあまり数がなく、あったとしても本体にプロペラを取り付けるための穴が4つ空いていたりした。そうでないものもあったが、筆者にはちょっと手のでない価格だった。

だが今回Propelから発売される『スター・ウォーズ』グッズは、フィギュアとしてレベルが高いけでなく、空を飛ぶ。そしてその飛んでいる様子には、少しだけ『スター・ウォーズ』感があるのだ。もちろん映画とは違う動きをしているのだが、それでも従来のリモコンヘリなどと比較すれば、ずっとそれらしく動いてくれる。

『スター・ウォーズ』ドローン「STAR WARS BATTLE QUADS」
(C)&TM Lucasfilm Ltd.
(画像はPropelのWebサイトから)

フィギュアとして完成度が高く感じる理由は、恐らくはプロペラの位置。本体の上や横ではなく、下部に取り付けられた。これによりプロペラで飛んでいるように見えないという効果を得ている。もちろん、本体に大きな穴が空いていたりもしない。

『スター・ウォーズ』ドローン「STAR WARS BATTLE QUADS」
(C)&TM Lucasfilm Ltd.
(画像はPropelのWebサイトから)

販売されるのは、ミレニアム・ファルコンの他、TIEファイターにT-65 Xウイング・スターファイター、そして74-Zスピーダー・バイク。スピーダー・バイクは、ジェダイの帰還でのチェイスシーンを思い出し、ワクワクする。

『スター・ウォーズ』ドローン「STAR WARS BATTLE QUADS」
(C)&TM Lucasfilm Ltd.
(画像はPropelのWebサイトから)

飛行速度はミレニアム・ファルコンが時速80キロ。その他のモデルが時速56キロ。販売開始は2016年の秋~冬にかけて。なお、予約しても、購入の義務は課せられないとのことだ。

『スター・ウォーズ』ドローン「STAR WARS BATTLE QUADS」
(C)&TM Lucasfilm Ltd.
(画像はPropelのWebサイトから)

ドローンの実際の飛行の模様を見てみたいという方は、下の動画をチェックされたい。


Propel at Star Wars Celebration 2016