お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中

「ニャシュマロ」の新作、「お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中」がフェリシモ猫部から販売開始された。京菓子「ほうずい」の製法を取り入れたニャシュマロを、もなか皮のお椀に入れていただくおもてなし菓子。

「猫ほうずい」とは、昔ながらの京菓子の製法で作られた「ミニ和風ニャシュマロ」。ニャシュマロとは異なり、卵白をゼラチンではなく寒天で固めているのが特徴。そのまま食べてもおいしいが、ぜんざいやあんみつ、アイスクリームなどのトッピングとして利用してもかわいい。

お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中
ぜんざいのトッピングになってみましたニャ

「お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中」は、そんな「猫ほうずい」を最中の具(?)にしてしまった商品。「もなか皮のお椀」と「あんこ」が付属している。お椀にあんこと猫ほうずいを入れ、フタをしてお客さんにだせば、お客さんはネコと目があってびっくり、食べてにっこりとなるはず。

お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中
フタをあけずにぱくりされたら
哀しいニャ

見かけだけでなく、味もおもてなし仕様。もなか皮は金沢の老舗が製造している。あんの小豆とインゲン豆には、北海道産が採用された。

お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中
いろいろ高級そうですニャ

価格や購入方法について詳細は、フェリシモ猫部のWebサイトを参照されたい。

お椀にはいった〈猫ほうずい〉最中
されたいニャ