「北斗星」の車内備品を取り付けたホステル「Train Hostel 北斗星」
実際に利用されていたベットを設置したホステル内部

ブルートレイン「北斗星」の実車の備品を取り付けたホステル「Train Hostel 北斗星」が12月15日に、JR馬喰町直結のビルに登場する。

「北斗星」に泊まろう!…車内備品を取り付けたホステル「Train Hostel 北斗星」、12月15日オープン
「北斗星」の備品を取り付けたホステル「Train Hostel 北斗星」、12月15日オープン

「Train Hostel 北斗星」のテーマは「旅の道中が楽しくなるホステル」。2段ベッドや個室寝台の実車パーツをホステルの内装に再利用し、限られたスペースで細部にまでこだわった空間を実現した。

車内備品を取り付けたホステル「Train Hostel 北斗星」
食堂車の備品を利用した2Fラウンジ

ホステルオープンの目的のひとつは、急増する訪日外国人旅行者の多様なニーズに応えること。訪日外国人旅行者の多様な滞在スタイルに対応し、低廉な価格で気軽に長期宿泊が可能な宿泊施設としている。

車内備品を取り付けたホステル「Train Hostel 北斗星」

施設内には観光地の情報ブースを設け、東北地方を中心とした観光情報の提供を実施。「北斗星」による旅の疑似体験を通じ、訪日外国人旅行者を中心に東日本エリアへの旅行喚起を図る。

■Train Hostel 北斗星 概要
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町 1-10-12
アクセス:JR総武線快速「馬喰町駅」4 番出入口直結
構成:1Fフロント/2Fラウンジ・ホステル/3F~5Fホステル/6Fシャワー・ランドリー
宿泊人数:78ベッド(ドミトリー形式 2段ベッドで、一部半個室タイプあり)
宿泊料金:2,500円/泊から4,000円/泊

運営事業者であるR.projectでは、オープンに先駆け内覧会を実施する。実施日程は、12月2日10時~16時/17時~20時および、12月3日・4日11時~17時。全日、出入り自由となっている。