「サーモス 真空断熱スープジャー(JBZ-200)」登場 -- プラス1品できる200mlサイズ

容量200mlの小さめスープジャー「サーモス 真空断熱スープジャー(JBZ-200)」がサーモスから登場。9月1日より販売されます。

サーモス 真空断熱スープジャー(JBZ-200)

「サーモス 真空断熱スープジャー(JBZ-200)」はサーモス製品で最も小さい容量200mlのスープジャー。いつものお弁当にスープや味噌汁などをプラス1品したいというときに役立ちます。

「サーモス 真空断熱スープジャー(JBZ-200)」登場 -- プラス1品できる200mlサイズ

ステンレス製魔法びん構造の高い保温・保冷力で“おいしい温度”をキープ。温かいスープや味噌汁のほか、ヨーグルトやデザートなどの持ち運びに適しています。

シンプルな構造で、3つのパーツ(本体、フタ、パッキン)だけなので手入れが簡単。フタとパッキンは食洗機に対応しています。口元は丸みを帯びた形状で、口当たりがやさしくなっています。カラーバリエーションはベーシックなホワイト、ライトブルー、ブラックの3種類。

「サーモス 真空断熱スープジャー(JBZ-200)」登場 -- プラス1品できる200mlサイズ

サーモスからは、容器2個と容量200mlのスープジャー、断熱素材の専用ポーチがセットになった「サーモス 真空断熱スープランチセット(JEA-800/1000)」や、スープジャーの底まできれいにすくえる「サーモス フードコンテナースプーン(APC-160)」新色も9月1日に登場します。