「Boogie Board(ブギーボード)」初の壁掛けモデル -- なめらかな書き心地の電子メモパッド

キングジムの電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」から、シリーズ初の壁掛けモデル「ブギーボード BB-15」が登場。12月15日より販売されます。価格(税別)は6,000円。

Boogie Board(ブギーボード)BB-15

「ブギーボード」は、付属のスタイラス(描画用のペン)や爪などで、液晶画面に直接書き込みができ、ワンタッチで消去ができる電子メモパッド。紙に文字を書くような滑らかな書き心地が特長。キングジムが2010年に販売開始して以来、個人・法人問わず好評とのこと。

今回発売される「ブギーボード BB-15」は、「ブギーボード」シリーズ初のインテリアモデル。付属スタイラスのマグネット部分を本体に近づけるだけで画面を消去でき、壁にかけたままでもスムーズに操作することが可能です。

「Boogie Board(ブギーボード)」初の壁掛けモデル -- なめらかな書き心地の電子メモパッド

「Boogie Board(ブギーボード)」初の壁掛けモデル -- なめらかな書き心地の電子メモパッド

従来モデルと比べて外枠が細く、筆記面積が大きい正方形のシンプルなフォルム。背面にあるマグネットで金属製のデスクや冷蔵庫に貼り付けられるほか、市販のねじで壁に取り付けることもできます。付属のスタイラスは内蔵マグネットで本体側面や金属面に固定することが可能。

「Boogie Board(ブギーボード)」初の壁掛けモデル -- なめらかな書き心地の電子メモパッド

「ブギーボード」専用スマートフォンアプリ「Boogie Board SCAN」にも対応。アプリでは「ブギーボード」に書いた内容を画像データとして保存でき、テキストを加えたりするなどの編集にも対応しています。データ化した画像はフォルダで管理をしたり、共有したりすることも可能。

※「Boogie Board」は、Kent Displays,Incの登録商標。