無印良品 はじめての文房具 -- 小学生から使える学習帳・筆箱・鉛筆など 必要な物だけ購入しやすい

無印良品から、小学生から使える「はじめての文房具」シリーズが登場。17アイテムが3月3日より順次、全国の無印良品で販売されます。

無印良品 はじめての文房具

子どもが小学校入学時に、はじめての文房具として必要な要素を考え、ずっと使い続けられる機能とデザインを取り入れてつくったという文房具シリーズ。長く使えるデザインになるよう工夫し、必要なものを必要な分だけ購入できるようにしているとのこと。

学習帳や筆箱、三角定規など、まずは揃えたい基本的な商品がラインナップ。コンパス(3月17日発売)、お名前シールも新たに発売されます。

無印良品 はじめての文房具 -- 小学生から使える学習帳・筆箱・鉛筆など 必要な物だけ購入しやすい

ラインナップの一例は以下の通り。表記価格は税込です。

無印良品 はじめての文房具 商品概要

・ 学習帳(90円)
科目名や商品名などは最小限の印刷にとどめ、ムダを省いたデザイン。表紙にはノートの罫線が印刷され、開かなくてもノートの種類を分かりやすくしています。科目名や名前を書く場所も自由で、使いやすいデザイン。いずれもB5サイズ。

漢字(50字・84字)、こくご(8マス・12マス)、算数(6マス・17マス)、自由帳、5mm方眼の計8種類の品揃えです。5mm方眼は小学校中・高学年の幅広い科目に使いまわすことができるデザインで、汎用性が高くなっています。

・ ポリプロピレン 筆箱(290円)
6本の鉛筆ホルダーに、消しゴムやマーカー、定規などをたっぷり収納できて、ランドセルにも収納しやすいサイズの筆箱。学年ごとに必要な文房具が収納でき、ホルダーは取り外すことも可能なので使い方がひろがります。

・ 両端が使える鉛筆キャップ 2本入り(70円)
ペン先の状態が見えやすい半透明で、2本の鉛筆を装着できる、ツインタイプの鉛筆キャップ。短くなった鉛筆を挿して繋げると使いやすい長さになり、最後まで鉛筆を使い切ることができます。

・ 鉛筆 赤/青 1本(80円)、4B 2本入り(50円)
小学校で使用頻度の高い赤の芯を長くしてあります(芯の比率 赤7:青3)。これまで鉛筆は硬度HB/B/2Bがラインナップされていましたが、今回4Bが追加されました。

・ アクリル三角定規 45度、30度/60度、アクリル分度器 半円(各70円)
セット販売が多い三角定規や分度器がバラ売りされ、必要なものだけ買い足せます。三角定規は水平・垂直・斜線が書きやすく、見えやすいよう透明な素材で作られています。分度器は、左右どちらからでも角度を測れるよう、両方から目盛りが付いています。