世界一安くて操作が簡単な3Dプリンター「101Hero」
世界一安くて操作が簡単な3Dプリンター「101Hero」

「101Hero」は、世界一安くて操作が簡単な小型3Dプリンター。出来合いの3Dデータを出力して楽しみたい人向けの「コンシューマーバージョン(CV)」と、自分で3Dデータを作成したい人向けの「デザイナー&開発者バージョン(DV)」の2種類が用意されている。

「CV」は、3Dプリンター初心者にぴったりの製品。Webサイトからダウンロードした3Dデータの出力に特化している。利用は3ステップ。電源を入れて3Dデータの保存されたSDカードを「101Hero」に挿入し、ボタンを押すだけ。あとは“作品(?)”が出力される様子を眺めて楽しめる。

「101Hero」の「コンシューマーバージョン(CV)」
3D出力に特化した「CV」

データに従って3D出力する「101Hero」
SDカード内のデータに従って3D出力

「101Hero」出力例
こんなのや

「101Hero」出力例
こんなのが出力される

「DV」は自分でオリジナル3Dデータを作成し、これまで世の中に存在しなかったものを創造した人向け。データの生成には、Slic3rやCuraなどのPC用ソフトウェアを使用できる。PCと「DV」版「101Hero」はUSBケーブルで接続可能。直接出力が可能になっている。

自分で3Dデータを作成したい人向けの「DV」
「DV」では、自分で作成した3DデータをPCからUSB経由で出力可能

「CV」「DV」いずれのバージョンであっても、「101Hero」を使って作成するのに向いているのは、おもちゃやちょっとしたアクセサリー、そしてスマートフォンケースなどの雑貨類だ。

「101Hero」出力例3
花瓶など、実用的な小物もできる

「101Hero」出力例6
こんな小物も

出力するフィラメントは市販されている1.75ミリのPLA、HIPS、ABS製に対応。本体だけでなく、消耗品も比較的安価でかつ簡単に入手できるよう配慮されている。

「101Hero」は1.75ミリフィラメントに対応
1.75ミリフィラメントに対応
入手しやすい

サイズは高さ32.7x幅25.3x奥行き21.9センチで、重さは1.8キロ。コンパクトなので狭い部屋でも設置可能だ。

「101Hero」サイズ

開発元の101Heroは現在、「101Hero」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。すでにアーリーバード版(「CV」が49ドルで「DV」が54ドル)はソールドアウトになっている。本稿執筆時点では、「CV」が74ドルで、「DV」が79ドルで入手可能だ。出荷は2016年10月となっている。

「101Hero」出力例
こんなの作ってみない?