ポケモン指輪ケース「Pokeball Ring Box」

野性のモンスターにモンスターボールを投げると、そのモンスターを捕まえることができます。では異性にモンスターボールを差しだすと、その異性を捕まえることはできるでしょうか?

「Pokeball Ring Box」は、モンスターボール型の指輪ケース。指輪を入れて異性の前に差し出し、プロポーズすれば、相手がOKしてくれる確率が高まる…かもしれません。

ポケモン指輪ケース「Pokeball Ring Box」
モンスターボール型の指輪ケース「Pokeball Ring Box」
異性をがっちり捕獲(?)しましょう!

製作者によれば、「Pokeball Ring Box」はおもちゃのモンスターボールを手作業で加工し、指輪ケースに仕立てたものだそう。本物(?)のモンスターボールでは、モンスターボールを手にもってボールを開けると、中のポケモンが外に出ていきます。でも「Pokeball Ring Box」を手にもって異性の前でボールを開けると、その人の心を捕獲できる(?)のだとか。

ポケモン指輪ケース「Pokeball Ring Box」
製作者のJessiさん(女性)は
ポケモンボールを開いて自分の中の“ギーク”を呼び出し
大事な人にプロポーズしなさい、とアドバイスしています

もちろん、捕獲できるかどうかは相手のCPや、本人のトレーナーレベル、そしてズリのみを与えたかどうか?などが関わってきます。相手のCPが高過ぎると、何度捕まえてもボールから抜けだされたあげく、煙になって逃げられたりします…よね。痛い!いろんな意味で、痛すぎる。

さて、ポケモンGOを1か月やってみて感じるのは、ポケモンの捕獲と異性の獲得は似ているということです。どちらも場所選びが重要。たとえば筆者の勤務先近郊には、野性のポケモンはあまり出現しません。ここでじっと網を張り、捕獲を試みてもあまりうまくはいかないでしょう。

ポケモン指輪ケース「Pokeball Ring Box」
いないわ~

でも通勤の帰り道に通る目黒川沿いは、野性のポケモンの宝庫。特に中目黒駅から目黒橋にかけてのポケモンの密集具合は目を見張るほど。夕方の目黒川沿いの道路は、このポケモン目当てのトレーナーたちで、軽く渋滞してしまうほどです。

ポケモン指輪ケース「Pokeball Ring Box」
トレーナーたちも渋滞していますが
ポケモン自体も軽く渋滞してます

「ポケモンが多いと言っても、コイキングばかりじゃないか」

と、がっかりしている人もいるかもしれません。でも、中目黒周辺を30分もうろうろすれば、コイキングを20匹は捕獲できますよ。それらをすべて博士に送ってアメを貯めれば、短期間でコイキングを「ギャラドス」に進化させられるんです。

ポケモン指輪ケース「Pokeball Ring Box」
跳ねるだけだったコイキングが
凶暴なギャラドスに!
…フフ。

異性の捕獲(?)も同じ。中目黒周辺を30分もうろうろすれば、それなりの収穫があるはずです。「コイキングばかりじゃないか」とがっかりする人もいるかもしれませんが、うまく育てればその異性は「ギャラ…(以下略)。

「Pokeball Ring Box」は、ハンドメイド作品販売サイトEtsyから購入できます。価格は25ドル。日本への送料が別途25ドル程度必要となります。送料が高いな、と思う人は市販のモンスターボールで自作しても良いかもしれません。

ポケモン指輪ケース「Pokeball Ring Box」
ピィカァ