中身が見える防災バッグ「RESCUEMAN(レスキューマン)」
業務用バッグメーカーが本気で作った防災バッグ

バッグブランド『BAGWORKS』から、中身が見える防災バッグ「RESCUEMAN(レスキューマン)」が5月1日より順次販売される。雑貨店「中川政七商店」をはじめオンラインショップなどで取り扱い予定。

BAGWORKSは、業務用バッグを制作するバッグワークスによる“日常生活で使えるしごとのかばん”をコンセプトにしたブランド。今回発売されるレスキューマンでは、中身が見えることで防災への注意喚起になり、防災グッズの確認を容易にするといった利点があるそう。

本体には防炎認定素材が採用され、止水仕様のファスナーや反射・蓄光素材を配するなど業務用バッグメーカーならではのこだわりも満載。バッグ自体が自立しベルト類がコンパクトにまとまるため、家庭やオフィスでも保管しやすいとのこと。

ラインナップはリュックタイプ(9,600円)とショルダータイプ(5,800円)の2種類(ともに税別)。カラーはいずれもオレンジイエロー。

中身が見える防災バッグ「RESCUEMAN(レスキューマン)」
リュック
W27.5×H36.5×D13cm

中身が見える防災バッグ「RESCUEMAN(レスキューマン)」
ショルダーバッグ
W23×H28×D8.5cm