ダイソー「LEDセンサーライト」
スイッチを入れる手間を省いたナイスアイデア

暗いシンク下の戸棚や納戸の中にライトがあると便利ですよね。100円ショップ「ダイソー」で、ちょっとおもしろいギミックのライトを発見したのでご紹介します。

手のひらサイズのLEDライトとマグネットスイッチがコードで繋がった「LEDセンサーライト」という商品。スイッチはもう1つあり、2つの間隔が5mm以上離れるとライトが点灯する仕組みになっています。

ダイソー「LEDセンサーライト」
ライトのサイズは6.4cm。スイッチの1つとコードで繋がっています

ダイソー「LEDセンサーライト」
2つのスイッチが

ダイソー「LEDセンサーライト」
離れると点灯する仕組み

このマグネットスイッチを戸棚や納戸の蝶番付近に設置すれば、ドアの開閉と連動してライトが点灯するというわけ。各パーツには粘着テープも付いており、コードの長さは100cm。狭い空間だとコードが余ってしまうので、同じく100均のコードホルダーなどで留めるとスッキリ配線できますよ。なおテープは貼り直すと粘着力が弱まるため、仮置きしてから設置しましょう。

ダイソー「LEDセンサーライト」
この戸棚の中に

ダイソー「LEDセンサーライト」
ライトを仮置きして

ダイソー「LEDセンサーライト」
スイッチも調整しながら設置します

ダイソー「LEDセンサーライト」
扉を開けるたび明るくなる!

単純な仕組みですが思わず「なるほど~!」とうなってしまうLEDライト。うまく使えばドールハウスなんかにも応用できそうです。とり急ぎ、おうちの気になる暗がりに取り入れてみては?

ダイソー「LEDセンサーライト」
本体にはテスト用電池付き(LR-44×3個入り)