片手でラクラク♪サーモスのフライパンから超軽量モデル--“抜群の耐久性”のハイグレードモデルも

魔法びんの有名ブランド『サーモス』の「KITCHEN+(キッチンプラス)」シリーズに新製品が追加。9月1日より販売されます。

「KITCHEN+」は2019年2月に登場したキッチンツールのシリーズ。第一弾として、サーモスとしては初めてのフライパン製品「サーモス 取っ手のとれるフライパン(KFAシリーズ)/フライパン(KFBシリーズ)」が発売されています。今回追加されるのは以下の2シリーズです。

■サーモス フライパン KFDシリーズ
ガス火専用シリーズの最軽量モデル。重量約0.4~0.8kgの製品がラインナップされており、女性も片手で軽々と使用できます。コーティングには、従来品でも使用している硬質フィラーを配合した耐久性コーティングの「耐摩耗性デュラブルコート」を採用。耐摩耗性の高さと焦げ付きにくさを特徴としています。カラーは深みのある落ち着いたネイビーで、汚れの目立ちにくさも配慮されています。

片手でラクラク♪サーモスのフライパンから超軽量モデル--“抜群の耐久性”のハイグレードモデルも

サイズは20cm、24cm、26cm、28cmの4種類。28cmサイズには超深型設計の炒め鍋タイプもあります。希望小売価格(税別、以下同じ)はサイズやタイプによって異なり、2,600~4,000円。

片手でラクラク♪サーモスのフライパンから超軽量モデル--“抜群の耐久性”のハイグレードモデルも

■サーモス フライパン KFCシリーズ
「プラズマ超硬質コート」を施したハイグレードモデルのフライパンシリーズ。アルミ基材の表面を1万7,000度の超高温プラズマジェットでコーティング。ふっ素コートとフライパンの密着性を高め、抜群の耐久性を実現しています。IHとガスどちらにも対応。カラーは少し赤みのあるブラックを採用し、ハンドルにはステンレスプレートにサーモスロゴを刻印。高級感のあるデザインに仕上げてあります。本体とハンドルのジョイント部分は熱が伝わりにくい形状に配慮しているとのこと。

片手でラクラク♪サーモスのフライパンから超軽量モデル--“抜群の耐久性”のハイグレードモデルも

サイズは20cm、24cm、26cm、28cmの4種類。28cmサイズには超深型設計の炒め鍋タイプもあります。希望小売価格はサイズやタイプによって異なり、5,200~7,000円。

片手でラクラク♪サーモスのフライパンから超軽量モデル--“抜群の耐久性”のハイグレードモデルも

なお、既存製品「フライパン(KFBシリーズ)」のラインナップも拡充。超深型設計の炒め鍋「KFB-024D」(24cm)と玉子焼き用フライパン「KFB-013E」が加わります。希望小売価格は「KFB-024D」が4,000円、「KFB-013E」が3,200円。

片手でラクラク♪サーモスのフライパンから超軽量モデル--“抜群の耐久性”のハイグレードモデルも