パナソニックから、独自の三角形状を採用したロボット掃除機「RULO(ルーロ)」(MC-RS1)が3月20日に発売される。価格はオープン。

お掃除ロボットは丸から“三角”に?
お掃除ロボットは丸から“三角”に?
 
この商品は、「ルーローの三角形」に基づいた丸みのある正三角形が特徴のロボット掃除機。回転時の径が変わらないため狭い場所でもスムーズに方向転換できるほか、ゴミのたまりやすい部屋の隅や壁際に三角形の角部分が入り込み、ブラシでゴミをかき出しながら吸い取ってくれるそう。

「ルーローの三角形」に基づいたフォルムが特徴
「ルーローの三角形」に基づいたフォルムが特徴

 
形状を活かし、部屋の隅や狭い場所もしっかり掃除
形状を活かし、部屋の隅や狭い場所もしっかり掃除

集塵機能には、ゴミの量に応じて自動運転制御する「ハウスダスト発見センサー」やフローリングの細塵を除去する「マイナスイオンプレート」、畳の目の細かいごみを吸い出す「V 字ブラシ」などを搭載。また、赤外線や超音波などのセンサーにより方向や走行距離を認識し、部屋の隅や壁際を重点的に走行する「ラウンド走行」と部屋の内部を走行する「ランダム走行」を使い分けて稼働する。

様々な場所を効率よくきれいに!
様々な場所を効率よくきれいに!

バッテリーには充電サイクル約1,500回の高効率リチウムイオン電池を採用。本体サイズは W330×D325×H92mm、重さは3kg。自動モードでの稼働時間は約60分。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色。

カラーバリエーション
カラーバリエーション