洗濯機に衣類を入れる人
「そんなのいちいち確認する暇がない!」という人へ

今年12月から、50年ぶりに変更される「洗濯表示」。衣類のタグに記されているお手入れ方法の記号が、新JIS規格に即した41種類のバリエーションに増えるそうです。

平成28年12月1日からの洗濯表示記号
どーん

ちなみにこれまで使用されていた数は20種類ほど。水の温度や「手洗イ」など個人的には分かりやすかったのですが、新記号はかなり抽象的で覚えにくそう…。

2016年11月までの洗濯表示
こちらは旧洗濯表示

2016年12月以降の洗濯表示
新洗濯表示の例
ほほう…?

「そんなの忙しくて確認できない!」という人のために、ネット完結型の宅配クリーニング「リネット」では、“最低限覚えておきたい3つのポイント”を紹介しています。

1.桶のマークは「洗濯機可」

桶のマークは「洗濯機可」

今後家庭で洗濯できるものはすべて桶マークで表示されます。“手洗い”ではありません。

2.桶に手を入れるマークは「手洗い」

桶に手を入れるマークは「手洗い」

一方、桶の中に手を入れている表示は、“手洗いすべき”衣類。他の衣類と一緒に洗濯機で洗わないよう注意。

3.○の記号は「クリーニング可」

○の記号は「クリーニング可」

○が付いているものはすべてクリーニングの記号。溶剤など細かい指示もありますが、家庭では「○が付いていればクリーニングに出せる」とだけ覚えておきましょう。

もう少し余裕がある人は、以下もチェック。

・点が増えると温度は高くなる

新洗濯表示 アイロン仕上げ、タンブル乾燥
(左)アイロン仕上げ、(右)タンブル乾燥
点が増えるほど高温で設定できる

・下部の棒線は数が増えるほど“弱く”

新洗濯表示 洗濯処理
増えるほど弱いので注意

今回の変更は国内外で適用されるため、海外ファッションも人気の日本では嬉しい変更とも言えます。コツを覚えて洗濯上手になっちゃいましょう!