コーヒー焼酎のロックと牛乳割り

あるカフェで「コーヒー焼酎の牛乳割り」を飲み、その美味しさに魅了された筆者。しかも「コーヒー焼酎」を作るのは簡単と知り、試してみることにしました。

本稿では、自家製「コーヒー焼酎」ができ上がるまでの過程をご紹介。分量などは、UCCの「珈琲焼酎」というページを参考にしています。

材料:焼酎(500cc)、コーヒー豆(50g)

コーヒー焼酎の作り方
焼酎は「いいちこ」を選んでみました

作り方:

1. 煮沸消毒した瓶にコーヒー豆と焼酎を入れます。

コーヒー焼酎の作り方

2. 5日~1週間ほど漬け込めばできあがり!

コーヒー焼酎の作り方
1日目

コーヒー焼酎の作り方
2日目

コーヒー焼酎の作り方
4日目

コーヒー焼酎の作り方
6日目

上述のUCCのページ曰く、1週間を過ぎると豆の成分が液体に出てこなくなるそうです。筆者も毎日確認したところ、5日目くらいから色に変化が見えなくなりました。

さて、1週間たった時点でフタを開けると...おー、コーヒーの匂いが瓶に充満している!これは期待大?

コーヒー焼酎の瓶
コーヒーの匂いがふわ~ん

ロックにして飲んでみると、コーヒーの香りとほろ苦さが効いた味わい。ローストされた豆由来のスモーキーさも感じられ、焼酎というよりはウイスキーのような印象です。そのままチビチビ飲んでもよいのですが、オススメは牛乳割り!カルーアミルクのような甘さがない上、ふわっと口の中を抜けるような爽やかさもあるため、甘党でない人も美味しく飲めます。

コーヒー焼酎のロックと牛乳割り
ウイスキーのようにスモーキーな味わい

コーヒー焼酎のロックと牛乳割り
牛乳割りにするとさらに美味しい!

少ない材料と短い時間で作れるコーヒー焼酎。家飲みのラインナップに加えてみてはいかがでしょうか?