ファミリーマート×RIZAPカップラーメン
これはありがたい…!

ファミリーマートとRIZAP(ライザップ)が共同開発したカップ麺「RIZAP 辛味噌ラーメン」と「RIZAP 生姜醤油ラーメン」が1月10日に発売された。一般的なカップラーメンと比較して、糖質が50%まで抑えてあるそうだ。

カップ麺が大好きな筆者。一応女子のはしくれなので夜中のスーパーでは某メーカーの低カロリーカップ麺を買うこともあったが、オシャレなスープみたいでいまいち食べ応えが足りないと思っていた。だが今回は辛味噌というがっつりした響き。早速食べてみた。

商品情報によると、辛味噌ラーメンは1食あたりの糖質量22.4g、カロリー279kcal。生姜醤油ラーメンは、1食あたりの糖質量13.0g、カロリー180kcal。いずれも普段カップ麺に親しんでいる人ならカロリーの低さに驚くだろう。

生姜醤油ラーメンはチキンスープとノンフライ麺を合わせたもの。麺はカップそばの食感に近く、口あたりが少々気になるものの、生姜香るスープと味付け鶏肉から溢れる旨みと一体になって後引く味わいだ。

ファミリーマート×RIZAPカップラーメン
なると多め

ファミリーマート×RIZAPカップラーメン
澄んだスープからはしっかりとチキンの旨み

ファミリーマート×RIZAPカップラーメン
この肉が良い味出してる

一方の辛味噌ラーメンは、ノンフライ麺に唐辛子の辛みがきいた濃厚な味噌スープを合わせたもの。食べる直前に粉末と液体スープを入れて仕上げる。

ファミリーマート×RIZAPカップラーメン
こちらもかやくたっぷり

ファミリーマート×RIZAPカップラーメン
2種類のスープで作るこだわり

こちらはツルッとした平打ち麺が濃厚なスープに絡まり、文句なしの仕上がり。最後にご飯を入れて食べたくなるほどスープがおいしいが、それをやったらすべてが台無しになりそうなのでグッとこらえた。

ファミリーマート×RIZAPカップラーメン
普通のカップラーメンと遜色なし

というわけでまさに“おいしさにコミット”したカップ麺は、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス店舗で販売中。数量限定らしいので、買い占めておこうかな。