手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
上下逆さま?

いよいよ今年も梅雨シーズンに突入。濡れた傘を持ち歩く機会が増えますが、畳む時に手が濡れたり、満員電車で他の人に触れないか気になったりとなかなか厄介ですよね。

そんな悩みを解決してくれる画期的な傘を発見。台湾の傘ブランド『CARRY UMBRELLA』から販売されている「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」という傘をご紹介します。

今回試してみたのは今年発売された新型モデル「CARRY saKASA Public Model」。価格は3,240円(税込、以下同じ)と、既存モデル(8,478円)よりもリーズナブルな設定になっています。

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
「CARRY saKASA Public Model」

最大の特徴は、通常の傘と異なる“逆折り式”構造になっている点。一見するとドット柄のビニール傘ですが、開くとビニール面が内側になり、シンプルな無地の傘になります。

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
“ロクロ”をスライドして開きます

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
最後は“バスン”とひっくり返り

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
シンプルな無地の傘に(開放時の直径は114cm)

この特殊構造により、閉じると雨に濡れた面が内側になるため手が濡れないのです!

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
生地自体もはっ水性が高い

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
閉じると濡れた面が内側に!

なお閉じた状態では傘だけで自立可能。狭いスペースで干すことができます。

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
てるてる坊主みたいでかわいい

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
バンドを留めた状態では自立しません

また、骨が内側のビニール生地に覆われているので、髪が巻き込まれないのも嬉しいポイント。

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
ブチブチ抜けるの地味に痛いですよね…

全長は56.5cm、重さは500g。ブルーのほかにブラック、ホワイトのバリエーションがあります。持ち歩く時は下部が重くなるので多少違和感がありますが、狭いスペースで開閉できるので車の中に置いておく傘としてもオススメ。長年の傘問題を解決してくれそうな逆折り式傘、そのうち当たり前になるかもしれませんね。

手が濡れない傘「CARRY saKASA(キャリーサカサ)」
男女問わず使いやすいカラー