タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器

ちょっと心細くなる量だけれど、これなら確実にダイエットできる?「タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器」という容器を購入してみました。

タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器

主にごはん(白米)を入れるための容器。約140g入るサイズと約100g入るサイズが2個ずつセットになっています。“ごはん140g(235kcal)”は外食などでの普通盛りに相当する量、“ごはん100g(168kcal)”はヘルスケア事業で知られるタニタが推奨する量なのだとか。ごはん100gは女性の筆者にとっても少なく見えますが、ごはんを40g減らすことでカロリーは約70kcal減らせるという計算。毎日続ければ半年、1年後には目に見える変化を得られるかもしれませんね。

タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器
“ごはん140g”と“ごはん100g”のサイズが2個ずつ

タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器
ごはんを入れる目安は内側の線まで
大まかなカロリーを簡単に把握できます

タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器
胃袋が慣れるまでは、“ごはん100g”はちょっと物足りないかも?

ほかにも「蒸気の力でフタが押し上げられるため、フタを外さずそのまま電子レンジにかけられる」「コンパクトに収納できる」といった特徴が嬉しい「タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器」。キッチンスケールの代わりに、または保存容器、お弁当の容器として活用してみてはいかがでしょうか?各種通販サイトで販売されており価格帯は400円前後です。

タニタ食堂おすすめ レンジ対応保存容器
収納もコンパクトで便利♪