東洋アルミエコープロダクツの黒ホイル
黒いアルミホイル?

この夏の天候不良で野菜が値上がりしており、夏野菜のトマトもその影響を大きく受けています。貴重な食材を最大限おいしく食べるため、ちょっと変わったアルミホイルを試してみました。

東洋アルミエコープロダクツの黒ホイル
ただのアルミホイルではありません

東洋アルミエコープロダクツから8月に発売された「焼きトマト黒ホイル」は、外側に特殊な黒色加工を施すことで熱吸収を高めたアルミホイル。公式サイトによるとトマトに含まれる“リコピン”は加熱調理によって吸収率がアップするそうで、同ホイルを使うとより効率良く調理できるのだとか。

東洋アルミエコープロダクツの黒ホイル
通常のアルミホイルより短い時間で調理できるそう

サイトにはカゴメ監修のレシピも掲載されており、いくつか作ってみました。

まずはトマトをまるごと使ったピザグラタン。加熱することでトマトの青臭さがなくなり、甘くとろけるトマトとピザテイストの具材がよく合います。

東洋アルミエコープロダクツの黒ホイル
くりぬいたトマトに具材を詰めて

東洋アルミエコープロダクツの黒ホイル
黒ホイルで包み、トースターで約10分

東洋アルミエコープロダクツの黒ホイル
ベースが野菜なのでペロッと食べられます

朝食にはベーコンエッグトマト。具材を黒ホイルで包み、こちらもトースターで15分ほど加熱すれば完成です。具材がホイルに触れてもくっつきにくくなっているそうで、見た目もキレイに仕上がりますよ。

東洋アルミエコープロダクツの黒ホイル
朝から野菜もしっかり

焼きいも用もあるよ

これからの季節においしいおやつといえば焼きいも。同社からはさつまいも調理用の「石焼きいも黒ホイル」という商品も販売されています。

東洋アルミエコープロダクツ「石焼き芋黒ホイル」
焼きいも用の黒ホイル

さつまいもをぴっちりと包み、オーブントースターで焼くこと約17分(1000Wの場合)。芯まで火が通ってホクホク、しっとりとした食感の焼きいもができあがりました。筆者はいつもそのままトースターに入れて30分程焼いているので、これはかなりの時短!

東洋アルミエコープロダクツ「石焼き芋黒ホイル」
さつまいもを包んでトースターで加熱
(時間は機種や設定によって前後します)

東洋アルミエコープロダクツ「石焼き芋黒ホイル」
色々な品種で試してみたい

なお両者は同じホイルのように見えたので問い合わせてみたところ、厚みが若干異なるそう。それぞれの食材に合わせて開発されているので、基本的には記載の用途で使用してほしいとのことでした。不思議な黒ホイルシリーズは1箱200円前後。同社の公式通販などで購入できます。