山崎産業の「Sattoウォータースクイジー」

ボーナスや歳末セールなどお買い物ムードが高まる12月。買い物好きな筆者が、今年プライベートで購入したオススメ品を紹介していきます。※新旧製品問わず登場します

----------

以前キレイ好きの知人から「お風呂上がりに鏡をマイクロファイバー布巾で拭くと汚れにくい」と教えられ、早速実践しようとした筆者。けれどもズボラな筆者と家族には少々面倒だったのか、すぐにやらなくなってしまいました…。

そこで導入してみたのが山崎産業の「Sattoウォータースクイジー」という商品。先端がよくしなる樹脂製になっていて、鏡や壁などの平面はもちろんバスタブの曲面などにもよくフィットし、一気に水分を取り除けます。様々なサイズやデザインのスクイジーがありますが、この商品は大き過ぎず小さ過ぎずジャストな印象。

山崎産業の「Sattoウォータースクイジー」
このやわらかさがポイント

山崎産業の「Sattoウォータースクイジー」
鏡を傷つける心配もなく

山崎産業の「Sattoウォータースクイジー」
壁や浴槽のフタも短時間で水切りできます

タオルハンガーに吊るしたり、シャワーフックに引っかけたりと手に届く場所に置けるので、家族もお風呂上がりや掃除後に進んで作業してくれるように。なお「Satto」シリーズでは天井などに届きやすい延長スティックも展開されており、近々取り入れてみようかと思います。

山崎産業の「Sattoウォータースクイジー」

掲載アイテム詳細
サイズ:幅250×長さ230mm、70g
素材:ポリプロピレン、エラストマー樹脂
筆者購入時の価格は700円程度