おくだけ充電「Qi(チー)」に対応したインテリアが IKEA から発表された。これは、部屋の中をすっきり、シンプルに保つための家具シリーズだ。


IKEA のインテリアは明るい色のシンプルなラインを基調とするものが主流。これにより、部屋を明るく、すっきり見せている。だが、スマートフォンなどの充電用ケーブルがあると、それだけで部屋がごちゃごちゃしがちだ。ケーブルのカラーもブラックが多く、とてもおしゃれとは言えない。

今回発表された IKEA の家具シリーズは、部屋から充電ケーブルを追放するためのインテリア。ランプなどの台座部分に「+」マークがあり、その上に Qi 対応のスマートフォンなどを置けば充電が可能だ。


リビング用だけでなく、様々な部屋用のインテリアが用意されている。これらを仕事部屋やベッドルームに設置しておけば、仕事をしている間や、寝ている間に充電できる。


このインテリアを使用することで、スマートフォンの置き場所を忘れたり、充電用ケーブルを見つけるためにあちこち探し回ることもなくなるというメリットもあるそうだ。


IKEA は、既存のインテリアとマッチするデザインの充電ステーションも発表している。USB ポートを備えており、「Qi(チー)」に対応していないデバイスも充電できる。



「おくだけ充電」対応インテリアは、欧州と北米では4月15日に発売され、その後他の地域でも順次販売開始されるという。日本での販売開始日などは、まだ発表されていない。