ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術
全体を見やすくするのがポイントです

毎日の買い物でどんどん増えていく食材。ちゃんと把握しているつもりでも、賞味期限が切れたり、同じものを買い足してしまったりしていませんか?

専用の調味料入れや冷蔵庫整理グッズなどもありますが、基本的にめんどくさがりな筆者はそもそも探したり移し替えたりがおっくう。そこで今回は、家にあるダブルクリップ(バインダークリップ)を使った、食材の食べ忘れを防ぐアイデアをご紹介します。

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術
どの家にもほぼ必ずある(?)ダブルクリップを活用します

1.チューブ調味料を最前面に

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術

ドアポケットの奥の方で倒れているチューブ調味料を、思い切って冷蔵庫の最前列に。お父さんに「わさびどこ?」と聞かれることもなくなりそう。

2.冷凍庫のラベリング

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術

ラベルを貼ったダブルクリップをフリーザーバッグの口元に挟めば、上から見た時に何があるかひと目で分かります。ぎゅうぎゅうに詰まっている人ほどオススメ。

よく使う食材のクリップをとっておけば、買い物に行く時もチェックが簡単。賞味期限などを別途記載しておくのを忘れずに。

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術

3.袋入り調味料の整理

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術
口元を揃えて上から見やすく

大小様々な袋に入った乾物系食材は、小さい袋ほど埋もれがち。深めのカゴや引き出しに保管している人は、ダブルクリップで吊るして収納すると全体が把握しやすくなります。

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術
小さい袋は埋もれて忘れがち

ラベルを付けたダブルクリップのスキマにストローや割りばしを通したら、袋をはさんでひっかけるだけ(小さいものはジッパーバッグにまとめて)。引き出しの場合は両端に突っ張り棒を渡せば幅も自由に調整できます。無くなってもそのままにしておけば補充チェックも簡単ですね。

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術
だしがなくなった!

4.“緊急クリップ”で袋どめ

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術

優先的に使いたい冷蔵庫の食材には“緊急クリップ”を。目立つ色のマスキングテープを貼って袋どめすれば、開けた時目に付きやすくなります。予め何個か作っておくと◎。

ダブルクリップ(バインダークリップ)活用術
なるべく目立たせるのがポイント

最近はかわいいデザインのダブルクリップも豊富。同じ悩みを抱えている方は、まずはコストのかからないクリップで試してみては?