レーズンヨーグルトサンドクッキー
レーズンバターのように見えるけど...?

“乾物”を水ではなくヨーグルトで戻す?『明治ブルガリアヨーグルト』の公式サイトで一風変わった調理法を見つけました。

「乾物ヨーグルト」という名前がついたこの調理法。海藻や干し野菜、ドライフルーツなどの乾物をヨーグルトに漬けることで、ヨーグルトの風味を生かしたさまざまな料理が作れるようです。レシピもいくつか掲載されており、特に手軽で美味しそうな「レーズンヨーグルトサンドクッキー」を作ってみることにしました。

用意するものはヨーグルト(200g)とレーズン(120g)。作り方は「タッパーなどに入れてよく混ぜたら、冷蔵庫でひと晩(7~8時間)おく」だけの簡単さです。

レーズンとヨーグルト
ヨーグルトとレーズンを混ぜ、

レーズンとヨーグルト
冷蔵庫でひと晩おくと...

翌朝タッパーを開けると、見るからにレーズンがふっくら膨らんだ状態に。食べてみると、まるで生のブドウのようなみずみずしい食感になっていました。一方のヨーグルトは水分が吸収された分、ねっとりした舌触りに変身。酸味が薄れ、味わいもまろやかになっています。

レーズンとヨーグルト
レーズンがふっくら膨らみました

レーズンとヨーグルト
生のブドウみたいなみずみずしい味わいに

このレーズンヨーグルトをクッキーでサンドすれば、「レーズンヨーグルトサンドクッキー」の完成です。コクのあるレーズンバターをサンドしたクッキーと比べると物足りなさは否めませんが、脂肪分を気にせず食べられるのはやはり嬉しいですよね。

レーズンヨーグルトサンドクッキー
適量をクッキーの上にのせたら、

レーズンヨーグルトサンドクッキー
その上にもう1枚のクッキーをのせます

レーズンヨーグルトサンドクッキー
断面はこんな感じ

レーズンヨーグルトサンドクッキー
ヨーグルトだからたっぷりサンドしても罪悪感なし

実は筆者個人的には、「レーズンヨーグルト」よりもっと気に入ったレシピがあります。それは切り干し大根をヨーグルトで戻したサラダ。

こちらも「混ぜてからひと晩おく」だけの簡単さ。さらにマヨネーズなどの油分やツナ・ホタテなどの旨みを加えることで、濃厚な味わいのサラダができあがります。切り干し大根のシャキシャキ感とヨーグルトのクリーミーさもベストマッチですよ。気になった方は、上述のサイトに掲載されているレシピ(「切り干し大根とほたてのサラダ」)などをチェックしてみてください。

切り干し大根とヨーグルト
切り干し大根とヨーグルトを混ぜてひと晩おき、

切り干し大根とヨーグルト
切り干し大根がふっくら戻ったら、

切り干し大根とヨーグルト
マヨネーズやホタテの缶詰などを混ぜて濃厚なサラダに!

このほかにも干ししいたけや高野豆腐、レンズ豆などいろいろな乾物をヨーグルトに漬けられるようです。好みが分かれる調理法だと思うので、初めてのレシピは少量から試してみてくださいね。