リード プチ圧力調理バッグ
主婦のみなさん、革命です!

仕事や子育てに忙しい主婦にとって、どうしても重荷になってしまうのが食事の準備。筆者も料理自体は嫌いではないのですが、疲れた平日は罪悪感を抱えつつ惣菜を買ってしまうことが多々あります…。

そんな主婦に向けた、画期的な新商品が登場。ライオンの『リード』ブランドから、電子レンジ専用調理バッグ「リード プチ圧力調理バッグ」が3月7日に発売されます。

リード プチ圧力調理バッグ
電子レンジ専用「リード プチ圧力調理バッグ」

この商品は材料と調味料を入れて電子レンジで加熱するだけで、短時間でおかずが作れるというもの。「それってシリコンスチーマーと同じでは?」と思いきや、想像をはるかに超える仕上がりでしたので魅力や活用法をご紹介します。

“プチ圧力”で味しみしみ

バッグは加熱すると食材から出る蒸気で“プチ圧力”(約1.1気圧、102度)がかかり、短時間で味がしっかりしみこむ仕組み。蒸気でパンパンに膨らんだところで圧着された蒸気口が開くため、爆発する心配もありません。

リード プチ圧力調理バッグ
加熱中の様子
バッグがパンパンに膨らむと蒸気口が開く仕組み

肝心の味の方はいかがでしょうか?試しに筆者も気が向いた時しか作らない「サバの味噌煮」を作ってみました。

使用する食材はサバの切り身と長ネギ、ショウガ。サバはキッチンペーパーでしっかり水気を拭きとっておくと臭みなく仕上がります。

リード プチ圧力調理バッグ
このひと手間が重要

続いて味噌や酒などを混ぜた調味液を用意。よーく混ぜておくのが味ムラなく仕上げるコツです。

リード プチ圧力調理バッグ
溶け残りの無いようよく混ぜます

これらをバッグに入れて袋を閉じ、耐熱皿にのせて電子レンジへ。サバの味噌煮は600Wでたった5分加熱するだけ!終了後、そのまま3分置いて完成です。

リード プチ圧力調理バッグ
バッグに材料と調味液を入れて

リード プチ圧力調理バッグ
電子レンジへ

リード プチ圧力調理バッグ
加熱後、3分置いて盛り付けます

食べてみた最初の感想は「身がふわっふわ!」。鍋で煮込むとどうしても身が締まってしまうのですが、バッグでは非常にやわらかく仕上がります。

リード プチ圧力調理バッグ
サバの臭みもなし

また、鍋に比べて見た目の色づきは薄いものの、中までしっかり味が染みていて驚き。切り身同士で味のバラツキもありません。

食感は普段以上!

続いては「肉じゃが」。短時間だと味が染みなかったり、煮過ぎてじゃがいもがどろどろに崩れてしまったり、意外と難しいんですよね…。

リード プチ圧力調理バッグ
和食の定番、肉じゃが

8等分に切った大きめのジャガイモは中までしっとり、ホクホクのやわらかさ。味もしっかりしみていて、むしろ普通に作るよりおいしいかも。

リード プチ圧力調理バッグ
煮崩れずキレイな仕上がり

リード プチ圧力調理バッグ
じゃがいもの仕上がりが絶妙!

この2品を作った時点で、主な洗い物は包丁とまな板、計量スプーン、調味料を混ぜる容器程度。加熱中は見ている必要がないので、洗い物をしたり、子どもの面倒をみたりと効率良く使えます。

リード プチ圧力調理バッグ
片付けもラクラク
※バッグは再利用できません

冷蔵・冷凍保存で“作り置き”

同バッグのもう1つのポイントは、材料を入れたら加熱せずに冷蔵・冷凍保存できる点(具材によって冷凍できないものもあります)。例えば帰宅が遅い家族のために準備しておけば、温めるだけでできたてを食べてもらえます。個人的には休日にまとめて冷凍しておくことで、平日の献立はもちろんお弁当づくりにも活用できそうだと思いました。

リード プチ圧力調理バッグ
帰りが遅い家族にも

リード プチ圧力調理バッグ
できたての夕飯を
この「生姜焼き風」も肉がとても柔らかくておいしい!

レシピが豊富

付属レシピや公式サイトのレシピは料理研究家の小田真規子さん監修。魚、肉、リゾットなどバリエーションも豊富なので片っ端から作りたくなります。水を入れないので若干塩分が強いものもありますが、「まずはレシピ通りに作ってお好みで調整してほしい」とのことです。

リード プチ圧力調理バッグ
製品発表会ではパスタやカレーもふるまわれました

また、食材宅配サービス「Oisix(オイシックス)」とのコラボセットも数量限定で販売中。バッグと食材が届くので気軽に試せます。

リード プチ圧力調理バッグ
プチ圧力調理バッグ付きのミールキットも

プチ圧力調理バッグは5枚入り、オープン価格。便利過ぎてあっという間になくなるので、ぜひ大容量パッケージが欲しいところです!