飫肥の厚焼きたまご

まるでスイーツみたいな玉子焼き。宮崎・日南市飫肥(おび)の名物“飫肥の厚焼きたまご”をご紹介します。近年はやりの「固めプリン」にも通ずるところのある食品。

飫肥の厚焼きたまごとは

宮崎・日南市飫肥の名物。祝いの席で食べられていたのがはじまりで、かつては殿様に献上もされていた由緒ある料理です。

飫肥現地ではできたてを提供するお店も何軒かあるようですが、今回は宮崎空港ネットショップを利用。元祖おび天本舗「蔵の厚焼き」を購入しました。価格は税込810円から(別途送料がかかります)。

飫肥の厚焼きたまご
空港ネットショップで購入

卵に砂糖、みりん、酒を加え、時間をかけて焼き上げた厚焼き玉子。見た目からして一般的なものとは大きく異なり、つるんと濡れた質感をしています。色は橙がかった濃い黄色。

飫肥の厚焼きたまご

なめらかな口あたり、ぷりんとした弾力。蒲鉾よりは頼りなく、茶碗蒸しよりはしっかりとした、「昔ながらの固めのプリン」とでも言うような食感です。

飫肥の厚焼きたまご

飫肥の厚焼きたまご

味も濃厚なたまごの風味と甘みが主で、まるでスイーツのよう。実際、プリンと言って出されたら納得してしまいそう。ただお菓子と言い切るほどには甘くない。かといってご飯のおかずにも厳しい。そのあいまいなポジションは、知っているものでいうと伊達巻が近い。おいしいけど、不思議な気分になります。

飫肥の厚焼きたまご

飫肥の厚焼きたまご

従来の厚焼き玉子観を覆す厚焼き玉子。厚焼き玉子好きや固めプリン好きがどう評するのか気になるところです。気になったらぜひ一度試してみて!