ウェザーニューズは3月29日、「第五回桜開花予想」を発表した。九州〜関東の桜は今週続々と見頃を迎えるとしている。ただし、今週末は広い地域で天気が下り坂になるため、雨が止んでいる時間を狙って、あるいは傘を持って歩きながらのお花見がおススメだとしている。

■2016年の桜開花予想〜九州〜関東の桜は今週前半に続々と見頃に〜
今年の桜の開花は、先週後半は寒の戻りで足踏みした。だが、今週の気温の上昇で開花前線は北陸や東北に進出する。気温は4月に入っても平年並〜高めと予想されるため、開花前線は速度を上げて北日本を一気に北上する予想。

北日本の開花時期は平年並〜早めで、北陸では3月末、東北南部では4月初め、東北北部では4月中旬、北海道では4月末頃に開花が始まる見込み。


開花が既にスタートしている西・東日本の桜は、今週後半に満開まで一気に進み、来週中頃まで満開の桜を楽しめる予想。上野恩賜公園や名古屋城は4月1日、大阪城公園は2日から満開になる見込み。

今回の情報は、同社が3月24日~26日に実施した五回目の「全国つぼみ調査」をもとにしたもの。最新の桜開花傾向については、ウェザーニューズの特設サイト『桜開花予想2016』で確認されたい。また、全国のお花見名所700か所の桜情報は、ウェザーニューズの特設サイト『さくらCh.』の他、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『さくらCh.』、スマートフォン向け特設サイト『さくらCh.』で確認できる。

■各エリアの桜開花予想
◆北海道 開花前線は4月26日頃に道南に上陸!

北海道のつぼみは、昨年とほぼ同じペースで順調に生長している。さらに、4月の気温が平年並〜やや高めと予想されるため、桜の開花は平年並〜やや早めとなる見込み。


4月26日頃に、道南・函館周辺から桜が咲き始め、5月20日頃にかけて開花エリアが広がっていく。札幌市周辺では5月初めから開花が始まり、GW後半に少しずつ咲き揃い、5月上旬に見頃を迎えそう。全国で開花が最も遅い根室・釧路方面でも5月中旬に咲き始め、20日前後には満開の桜を楽しむことができそう。

◆東北 東北南部は今週末に開花の予想!
東北の桜のつぼみは昨年とほぼ同じペースで順調に生長している。4月の気温は平年並〜やや高めの予想で、つぼみの生長が早まるため桜の開花は平年よりやや早め〜早めとなる見込み。


今週末には、福島市や仙台市など南部の太平洋側から開花が始まる。4月中旬には、東北北部でも咲き始め、開花前線は4月下旬にかけて順調に北上する見込み。福島市や仙台市では、来週末頃がお花見に絶好のチャンスとなり、青森市周辺では4月25日頃に見頃を迎える予想。

◆関東 関東南部は今週後半に満開ラッシュ!
先週後半、花冷えの影響で開花前線の速度はゆっくりになったが、28日までに関東全域で開花シーズンに突入した。関東南部では、今週は平年より暖かい日が続いて一気に満開まで進み、来週中頃まで満開の桜を楽しめそう。

ただ、今週末は前線の影響で天気が下り坂になるため、この土日は雨が止んでいる時間を狙って、傘を持って歩きながらのお花見がおすすめ。


関東北部では、広い範囲で来週中頃まで満開の桜を楽しめそう。栃木県北部と茨城県北部は、来週いっぱいお花見できそう。

◆中部 北陸も間もなく開花シーズンへ!
東海や甲信南部では、先週後半は花冷えの影響で開花のスピードが遅くなったが、静岡県や三重県の桜も28日までに開花が始まった。今週は平年より暖かい日が続いて一気に満開まで進み、来週中頃まで満開の桜を楽しめそう。ただ、今週末は前線の影響で天気が下り坂になるため、この土日は雨が止んでいる時間を狙ってのお花見となりそう。


北陸や甲信北部では、つぼみの生長が昨年と同じかやや早いペースで順調に進んでいる。気温は4月初めにかけて平年よりやや高い予想で、桜の開花も平年よりやや早め〜早めとなる見込み。北陸は今週末までに開花シーズンを迎え、新潟市周辺では来週末にはお花見を楽しめそう。長野市周辺も、来週後半には咲き始め、4月中旬には見頃を迎える予想。

◆近畿 今週は京阪神も一気に満開に!
近畿は、3月中旬からの暖かさでつぼみの生長が加速し、開花は平年並〜やや早めとなっている。先週後半の花冷えの影響で、開花のスピードがゆっくりになった。今週は平年より暖かい日が続いて一気に満開まで進み、来週中頃まで満開の桜を楽しめそう。ただ、今週末は前線の影響で天気が下り坂になるため、この土日は雨が止んでいる時間を狙ってのお花見となりそう。


滋賀県は、先週後半の寒の戻りでつぼみの生長が足踏みしているが、今週の暖かさで生長が加速する予想。今週後半には開花が始まり、入学式の頃には見頃を迎える予想。また、奈良県の吉野山でお花見を楽しめるのは4月中旬の見込み。

■中国・四国 今週後半には満開ラッシュに!
中国・四国は、3月中旬からの暖かさでつぼみの生長が加速し、平年並〜やや早い開花となっている。高知県から咲き始め、23〜25日は開花ラッシュとなった。先週後半は花冷えの影響で開花のスピードがゆっくりになったものの、今週は平年より暖かい日が続いて一気に満開まで進み、来週中頃まで満開の桜を楽しめそう。

ただ、今週末は前線の影響で天気が下り坂になるため、この土日は雨が止んでいる時間を狙ってのお花見となりそう。

■九州 今週前半は続々と見頃に、後半は満開ラッシュの予想!
九州のつぼみの生長は、2月末まで休眠打破の遅れによる影響が目立ったが、3月の暖かさによって加速し、平年よりやや早く福岡県内から開花が始まり、23〜24日には九州の広い範囲で開花ラッシュとなった。先週後半の花冷えの影響で、開花のスピードがゆっくりになったものの、今週は平年より暖かい日が続いて一気に満開まで進み、来週中頃まで満開の桜を楽しめそう。

ただ、今週末は前線の影響で天気が下り坂になるため、この土日は雨が止んでいる時間を狙ってのお花見となりそう。