ドウシシャ「ハピロール」

ロール状のアイスクリームを作るためのプレート「ハピロール」が、ドウシシャから発売された。価格はオープン。

「ハピロール」は、ニューヨークや東南アジアなどで流行しているロール状のアイスクリームをもとに開発されたアイスプレート。冷凍庫で冷やした後にアイスクリームの素を入れてヘラで巻くと「アイスクリームロール」、ジュースを入れると「シャーベット」を作ることができる。

ドウシシャ「ハピロール」
ヘラでシート状のアイスクリームをくるくる巻く仕組み

ドウシシャ「ハピロール」
ジュースを入れればシャーベットに

ドウシシャ「ハピロール」
バニラアイスクリームロール

ドウシシャ「ハピロール」
ベリーアイスクリームロール

ドウシシャ「ハピロール」
オレンジグラニータ

おおよそのサイズは直径300×62mm。ヘラ2本と6種類のレシピが付属する。

ドウシシャ「ハピロール」