飴色玉ねぎを時短で作る方法

我が家には「金曜日は冷蔵庫の残り物カレー」という海上自衛隊のようなルールがあるのですが、どんな具材でもおいしくする秘訣が“よく炒めた玉ねぎ”を入れること。いわゆる飴色になった玉ねぎを使うのが理想ですが、何十分もコンロに立ち続ける余裕がなくいつも白い段階で妥協してしまいます。

飴色玉ねぎを時短で作る方法
これくらいで挫折してしまいます…

そんな飴色玉ねぎを、普通に作るよりもはるかに短い時間で作れる裏ワザをキャッチ。実際に試してみたところ、かなりハードルが下がったのでご紹介します。

“冷凍玉ねぎ”を使おう

時短で作るコツは、玉ねぎをそのまま使うのではなく、予め薄切りにして冷凍しておくこと(粗みじん切りでも可)。凍らせることで玉ねぎの細胞が壊れ、短い時間で水分や辛み成分が揮発しやすくなるのだとか。

飴色玉ねぎを時短で作る方法

冷凍玉ねぎを準備したら、フライパンに大さじ1/2~1杯の油をひいて強火で温め、凍ったままの玉ねぎを入れて一気に炒めます。

飴色玉ねぎを時短で作る方法
軽くほぐしてフライパンへ

飴色玉ねぎを時短で作る方法
すぐにじゅわーっと水分が出てきます

5分ほどで玉ねぎから出た水分がなくなり、全体がとろりとして薄く色づいてきました。焦げないようしっかりまぜつつ、さらに炒めていきます。フライパンの素材や火力にもよりますが、途中もし焦げつきが出てきた場合は火加減を弱めるか水を少量加えてください。

飴色玉ねぎを時短で作る方法

調理開始から10分過ぎた頃。香ばしい香りとともにキャラメル色の玉ねぎに!この先、どこまで飴色加減を追求するかはお好みで。

飴色玉ねぎを時短で作る方法

そのまま食べても十分おいしい飴色玉ねぎを早速カレーに使ってみたところ、ルウに深いコクと甘みが加わって明らかにいつもよりおいしいカレーができました!

飴色玉ねぎを時短で作る方法
絶対毎回入れる…!

冷凍時間も含めたら時短なのかはさておき、冷凍玉ねぎ自体は他の料理にも使えるので無駄にはなりません。余裕のある時に作っておくと役立ちますよ(詳しくは「時短料理におすすめ!玉ねぎの冷凍保存法」の記事をご参照ください)。カレーのほかにも、オニオンスープやハンバーグなどいつもの料理に飴色玉ねぎを加えて、おうちの味を手軽にワンランクアップしてみては?