明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
捨てるの惜しいですよね

チョコ好きのみなさま、もう明治の「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」は召し上がりましたか?

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」
これおいし過ぎ!

昨年発売されて以来、とにかく売れまくっているというヒット商品。最近はやりの“Bean to Bar(カカオ豆の産地選びから加工までの全工程を一貫して行う)”チョコレートで、下手したらチョコレート専門店で買うよりおいしいのではないかと思っています(そして安い)。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
タブレットのデザインがフレーバーごとに異なるこだわりぶり

現在は6種類あり一時期日替わりで食べていましたが、さすがにヤバいので今は週替わりで食べています(ピンクと緑がお気に入り)。それでもどんどんたまっていく空箱、これがまたオシャレでそのまま捨てるには惜しい。何とか再利用できないかとネットで探してみたところ、素晴らしいアイデアが紹介されていたので100均雑貨を使って挑戦してみました。

ラミネートしてブックマークに

ザ・チョコレートのパッケージで最高にカワイイポイントが、中央のカカオ豆のイラスト。シルバーで箔押しされていて高級感もあります。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
ここ

このイラストを切り抜いて、100均の「手貼りラミネートフィルム」で加工。穴を開けてリボンを通せばかわいいブックマークの完成です。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
丁寧に切り抜いて

 明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
ラミネート加工

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
お好きなリボンを付けて完成

なお手貼りタイプは周囲を大きめにカットしないとはがれやすいので、ラミネート機をお持ちの方はそちらをオススメします。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
読書のおともにさらに一箱

iPhoneケースに

ザ・チョコレートの箱、実は内側もかわいいんですよね。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
特に紫

そこでクリアタイプのiPhoneケースを用意。箱を開いてiPhoneの大きさに切り抜き、間に挟むことでオシャレなケースになります。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
カメラホールもお忘れなく

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
推しカラーでぜひ!

リングノートの表紙に

少し厚めのパッケージはノートの表紙にも最適。リングノートの元の表紙を外し、穴を開けて差替えればいつでもザ・チョコレートと一緒にいられます。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
表紙を外して

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
穴はデザインカッターでちまちま開けました

なお今回は100均でノートを探したためこのサイズになりましたが、すずこ(@suzko146)さんのTwitterによるとA6のリングノート留具が丁度良いみたいです。

すばらしい

オマケ:家計の管理に

最後は筆者が実践している活用法。サイドが開くパッケージは封筒感覚で中身が取り出しやすく、領収書の管理にピッタリなのです。お札も入るので食費、交際費などの項目ごとにフレーバーを変えても良いですね。立てて保管すると背表紙部分が色別になって分かりやすい。

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
大きめのレシートやお札も入ります
※千円札以外は折らないと入りません

明治「THE Chocolate(ザ・チョコレート)」の空箱リメイク
赤は食費、緑は光熱費…という感じで

中身も箱も魅力的なザ・チョコレート。ぜひ120%堪能してください!