包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ
包丁を使わずにグレープフルーツの皮を簡単にむく方法をご紹介。熱湯で3分ゆでるだけで、みかんのようにツルンとむけます。
原材料 グレープフルーツ
ツール
作業時間 15分
1. 鍋にお湯を沸かします。
2. グレープフルーツを丸ごと入れ、2~3分ゆでます。
3. 冷水を入れたボウルにグレープフルーツを移し、数分冷まします。
4. みかんのように皮を手でむきます。

包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと

プチプチっとはじける果肉と、ほんのりビターな味わいが魅力のグレープフルーツ。価格帯も手ごろで買いやすい果物ですが、皮が分厚くて固いため、包丁が必要になるのがネックです。

包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと

そんなグレープフルーツの皮を柔らかくする方法をご紹介。秘訣は“お湯”。まるでみかんのようにツルンと、簡単にむけるようになりますよ。

グレープフルーツの簡単なむき方

用意するもの

・ 鍋

手順

1.鍋にお湯を沸かします。

ステップ1包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと

2.グレープフルーツを丸ごと入れ、2~3分ゆでます。

ステップ2包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと

3.冷水を入れたボウルにグレープフルーツを移し、数分冷まします。

ステップ3包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと

4.みかんのように皮を手でむきます。

包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと

ゆでて熱くなったグレープフルーツの皮は、持った瞬間にわかるほどの柔らかさに。皮に爪をたてて切れ目を入れ、そっとひっぱると、みかんのようにスルスルときれいにむけます。ゆでたことにより、皮と果肉をくっつけているペクチンが壊れるゆえのマジック。そのあまりのスムーズさに感激して、もう1個グレープフルーツをゆでてみたくなっちゃいます。

ステップ4包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと
みかんのようにするすると、

包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと
きれいにむけます

注意点

包丁いらず!グレープフルーツの皮を簡単にむく裏ワザ -- 熱湯で3分、みかんのようにツルンと
温まった果肉がつぶれやすいのには注意

さて、「熱湯でゆでると、果肉も温まってしまうのでは?」と思った人もいるのではないでしょうか。その通りです。筆者がゆでたグレープフルーツも、果肉までほんのり温まっていました。温まった果肉はつぶれやすくなっているので、皮をむく際はなるべく力が入らないようにするのがポイント。また小房に分ける際も、薄皮がはがれたり、果肉がつぶれたりしやすいので要注意です。外側の皮をむいたらいったん冷蔵庫で冷やすと、つぶれにくく、食べやすくなります。

誰かにもちょっと教えたくなるグレープフルーツの裏ワザ。グレープフルーツを買ったときは、ゆですぎに注意して試してみてください。