お弁当のすき間に便利♪ 卵焼きの冷凍保存法
卵焼きの冷凍保存法をご紹介。マヨネーズを加えて作るのがしっとり感をキープするコツ。お弁当のすき間を埋めるのに役立ちます。
原材料 卵、マヨネーズ、塩コショウなど
ツール ラップ、保存袋
作業時間 20分
1. 卵を調味する際に、マヨネーズを加えます(卵2個につき小さじ1杯程度)。
2. 冷めた卵焼きを食べやすい大きさに切り分けます。
3. 小分けにしてラップでぴっちり包みます。
4. 保存袋に入れて空気を抜き、冷凍庫に移して保存します。
5. 食べるときは室温にしばらく置くか、少し電子レンジにかけて解凍します。

卵焼きの冷凍保存法

お弁当のすき間を埋めるのに活躍♪あると便利な卵焼きの冷凍保存法をご紹介します。コツはマヨネーズを加えること。

卵焼きの冷凍保存法

材料

・ ラップ
・ 保存袋

手順

1.卵を調味する際に、マヨネーズを加えます(卵2個につき小さじ1杯程度)。これにより解凍後のパサつきを抑えることができます。焼く際はしっかり火を通すようにしましょう。

ステップ1卵焼きの冷凍保存法
マヨネーズを加えるのがコツ

卵焼きの冷凍保存法
しっかり火を通しましょう

2.冷めた卵焼きを食べやすい大きさに切り分けます。

ステップ2卵焼きの冷凍保存法

3.小分けにしてラップでぴっちり包みます。

ステップ3卵焼きの冷凍保存法

4.保存袋に入れて空気を抜いてから封をし、冷凍庫に移して保存します。保存可能な期間の目安は2週間程度。

卵焼きの冷凍保存法

ステップ4卵焼きの冷凍保存法

5.食べるときは室温にしばらく置くか、少し電子レンジにかけて解凍します。お弁当のおかずにするときは凍ったままお弁当箱に入れてOK。

ステップ5卵焼きの冷凍保存法

解凍後は少しボソッとした食感になりますが、卵のきれいな色味と旨みは健在。冷凍前のなめらかさにはかなわないものの、たまに食べる程度、お弁当のすき間を埋める程度だったら、気にせずいただけると思います。

卵焼きの冷凍保存法
少しボソッとした食感ですが、卵の旨みは健在

なおだし巻き卵は冷凍すると味が落ちやすいのでご注意。あまり水分を加えずに作る方が、解凍後の味を維持しやすくなります。そして冷凍・解凍のプロセスで傷んでしまうことがないよう、卵にはしっかり火を通してくださいね。