皮がツルンとむける♪ ブドウの冷凍保存法
ブドウの冷凍保存法をご紹介。みずみずしい甘さをキープできるうえ、シャーベットのような食感に。皮をむくのも簡単になります。
原材料 ブドウ
ツール 保存袋
作業時間 10分
1. ブドウ(巨峰)の実を1粒ずつ枝から切り離します。キッチンバサミを使い、枝が数mm残るように切りましょう。
2. さっと洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。
3. 保存袋に入れて空気を抜いてから封をしたら、冷凍庫で保存します。保存可能な期間の目安は1か月。
4. 食べるときは流水に当てながら皮をひっぱると、きれいにむくことができます。

みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける

ブドウの冷凍保存法をご紹介。おいしさをキープできるうえ、冷凍ならではのひんやり&シャリッとした甘さを楽しめます。

ブドウの冷凍保存法

材料

・ 保存袋

手順

1.ブドウ(巨峰)の実を1粒ずつ枝から切り離します。キッチンバサミを使い、枝が数mm残るように切りましょう。

ステップ1みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける

2.さっと洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。

ステップ2みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける

3.保存袋に入れて空気を抜いてから封をしたら、冷凍庫で保存します。保存可能な期間の目安は1か月。

みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける

ステップ3みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける

4.食べるときは流水に当てながら皮をひっぱると、きれいにむくことができます。

ステップ4みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける

皮をむいたブドウはすぐに溶けだして、食べやすいシャーベット状に。口に入れるとシャリッと砕けながら、甘い果汁が溶け広がります。生のブドウとは異なる味わいですが、ひんやり冷たくなることにより甘さにメリハリが出るのが魅力。皮もむきやすいので、幼児のおやつにするのにもおすすめですよ。

みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける

なお今回は巨峰を例に出しましたが、デラウェアのように粒が小さいブドウの場合は房ごと冷凍してOK。洗ってから水気をふき取り、保存袋に入れるプロセスは同じです。

冷凍保存すれば、旬が過ぎた後もみずみずしい美味しさを長く楽しめるブドウ。たくさんブドウを手に入れたら、鮮度が落ちないうちに試してみてはいかがでしょうか。

みずみずしい甘さをキープ♪ ブドウの冷凍保存法 -- 皮もツルンとむける
旬の美味しさを冷凍で長く楽しみましょう♪