サバ缶でサバそうめん
やみつきになるおいしさ

今年もまだまだ続きそうなサバ缶ブーム。サバ缶大好きな筆者が簡単にできるおすすめレシピをご紹介します。

今回はサバを使った郷土料理シリーズ第3弾。滋賀県・長浜の郷土料理「サバそうめん」に注目し、焼き鯖の代わりにサバ缶で作ってみました。“ご飯のおかず”として食べるのが一般的だそうですが、主食としても十分なボリュームです!

【材料(2人分)】
サバ缶でサバそうめん

・サバ水煮缶 1缶
・そうめん 2束(100g)
・水 50ml
・酒 50ml
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1

・小ねぎ、しょうが 適量

【作り方】
1.そうめんは固めにゆでて流水で洗い、ザルにあげる。小ねぎは小口切り、しょうがは千切りに切る

サバ缶でサバそうめん

2.フライパンに油小さじ1をひき、サバの水煮缶の身だけを炒める。香ばしい香りがしてきたら調味料とサバ缶の汁を入れ、煮汁をかけながら5分ほど煮て取り出す

サバ缶でサバそうめん
油がはねやすいので注意

サバ缶でサバそうめん
煮汁をかけながら軽く煮込みます

3.残った煮汁にそうめんを入れて1~2分煮込む。器にそうめんとサバを盛り付け、小ねぎ、しょうがを散らして完成

サバ缶でサバそうめん
最後にそうめんを絡めて

サバ缶でサバそうめん
サバと薬味をのせて完成

甘辛いつゆとサバのだしがしみこんだそうめんは、これまでに味わったことのないおいしさ!ほろほろと崩れるサバがしっかりと旨みを広げて箸が止まらなくなります。臭みが気になる方は煮込む際にもしょうがを加えて。お好みで薬味を変えたり、七味や山椒を振ったりすれば毎日でも飽きずに食べられそうです。

サバ缶でサバそうめん

本場の味を未体験でも、新感覚そうめんとして食卓のレパートリーに加えたいひと皿。温かいそうめんは今の時期からでもおいしくいただけるのでぜひお試しを!